映画-Movie Walker > 作品を探す > ラストキング・オブ・スコットランド

ラストキング・オブ・スコットランドの画像

1970年代のアフリカ、ウガンダに君臨した独裁者アミンの実像を、若い白人医師の目を通して映像化。アミンに扮したフォレスト・ウィテカーのすさまじい迫力の演技に注目。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 145
レビュー 28
投票 117
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (65)
星4つ 80% (52)
星3つ 27% (18)
星2つ 12% (8)
星1つ 3% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ウガンダにある診療所で働く道を選んだ。そこで彼は軍隊のヒーロー、アミンと偶然、親しくなる。後日、ニコラスは、アミンから直々に「主治医になってくれ」と頼まれる。それを引き受けたニコラスは、アミンと親密になっていく。そんなある日、アミンが襲撃にあい、あやうく命を落としかける事件が起こる。スケジュールが外部に漏れている可能性が高いことから、「裏切り者がいる」と激怒するアミン。疑心暗鬼にかられた彼は、粛正の動きを加速させる。そんなアミンの期待に応えようと、ニコラスは、大臣ワッサワの不審な動きをアミンに報告し、調査したほうがいいと忠告する。その一言がワッサワに対する死刑宣告になってしまったことを、ニコラスは、イギリス人の高等弁務官ストーン(サイモン・マクバーニー)から知らされることになった。ワッサワの行動が、実は製薬会社との商談にすぎなかったと知って、深い自責の念にかられたニコラスは故郷に帰りたいとアミンに申し出た。だが、時すでに遅し。「新生ウガンダの建国に手を貸すと宣誓した」と言ってニコラスの辞任を拒絶したアミンは、ワッサワの件を盾に取り、逆にニコラスに脅しをかける。彼は、ストーンに助けを求めるが、かつてストーンの頼みをニコラスが無視したことを理由に協力を断られてしまう。ストーンは自由になるためにはアミンを暗殺するしかないことを、ニコラスに告げた。覚悟を決め、アミンに毒入りの頭痛薬を渡すニコラス。そのとき、パレスチナ人テロリストにハイジャックされたエア・フランスの飛行機が、ウガンダのエンテベ空港に着陸したとの知らせが届く。アミンに同行を命じられたニコラスは、同じ車で空港へと向かうのだが……。

見たい映画に
登録した人
19

作品データ

原題 The Last King of Scotland
製作年 2006年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
上映時間 125
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

イディ・アミン フォレスト・ウィテカー
ニコラス・ギャリガン ジェームズ・マカヴォイ
ケイ・アミン ケリー・ワシントン
ストン サイモン・マクバーニー
サラ・メリット ジリアン・アンダーソン

レビュー

現地現物、本物の軍隊・大統領警護隊を使っているのがわかります。

投稿者:UE 

(投稿日:2007/03/18)

 ウィテカーがアカデミー賞主演男優賞をとったので、注目されて…

[続きを読む]

支持者:9人

それぞれの心情を深く考えさせられる

投稿者:rinchan

(投稿日:2011/12/09)

こういう社会派サスペンス映画は当たり前のように人が殺されてし…

[続きを読む]

支持者:0人

独裁者とおバカ学生の悲哀

投稿者:ぷちTom8o’s

(投稿日:2008/02/28)

とにかくウィテカーとマカボイは二人ともはまり役でした。独裁者…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ラストキング・オブ・スコットランド