映画-Movie Walker > 作品を探す > 輝く夜明けに向かって

輝く夜明けに向かっての画像

実力派俳優、ティム・ロビンス主演による、実話ベースの社会派映画。人権を無視した南アフリカの政策が、ある黒人男性をテロリストにするまでを重厚につづる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 12
レビュー 1
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 83% (5)
星4つ 100% (6)
星3つ 16% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1980年、南アフリカ北部の炭田地帯。仕事熱心なパトリックはセクンダ石油精油所で、監督をするかたわら、近所の子供たちを集めてサッカー・チームのコーチをしていた。パトリックは政治に無関心。一方で政府のアパルトヘイト政策を忠実に遂行しようとする公安部テロ対策班のニック・フォス大佐(ティム・ロビンス)は、テロリストの発見と一掃に心血を注いでいた。パトリックはチームを引き連れてサッカー大会に出場し、ついに決勝戦進出を果たす。ところがそのためには仕事を休まなければならず、プレシャスに頼んで病気の診断書を偽造する。見事に優勝を勝ち取ったその夜、別れたはずの愛人ミリアム(テリー・フェト)と、その息子と会う。そして帰路の途中、暗闇を照らす炎を目にする。それは反体制勢力がセクンダ石油製油所を攻撃した証。ついにテロ対策班の捜査の手がパトリックにも及ぶ。容疑は製油所爆破に加担したというものだった。ニックはパトリックに拷問をしながら、自白を強要。パトリックは残してきた家族の姿を見せられた時、真実を語らざるを得なかった。ところがその言葉すら、ニックは信じようとはしない。そして、ニックたちは事もあろうにプレシャスを拷問。あまりにも酷いやり方に怒り狂うパトリックは、「あの夜、フェンスを破って精油所に侵入した」と嘘の自白をする。やがてパトリックは釈放された。しかしこの出来事がきっかけで、モザンビークの首都マプトにあるANC本部に身を寄せていた。パトリックはコードネーム“ホットスタッフ”として厳しい訓練に参加。決意を新たにしたパトリックは、作戦部長のジョーにセクンダ石油精油所の爆破計画を進言。今や<自由の戦士>に変貌したパトリックは、アンゴラで軍事訓練を受けた後、単独でセクンダへと舞い戻ってきた……。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

原題 Catch a Fire
製作年 2006年
製作国 フランス イギリス 南アフリカ アメリカ
配給 UIP
上映時間 101
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ニック・フォス ティム・ロビンス
パトリック・チャムソ デレク・ルーク
プレシャス・チャムソ ボニー・ヘナ
ズコ・セプテンバ ムンセディシ・シャバング
オバディ ツミショ・マーシャ
シックスペンス シセムビソ・キュマロ
ミリアム テリー・ペト
アンナ・フォス ミシェル・バーガース
ジョ・スロヴォ マルコム・パーキー

レビュー

テロリストは誰?

投稿者:どんこ

(投稿日:2007/01/27)

私たちは簡単に「テロリストは悪い奴だ」と言う。だがこの場合、…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 輝く夜明けに向かって