映画-Movie Walker > 作品を探す > 日本の自転車泥棒

日本の自転車泥棒の画像

“爽健美茶”のCMなどで名高い高橋忠和監督が日本の美しい自然を捉えたロードムービー。杉本哲太が盗んだ自転車で岩手から東京へとひた走る寡黙な男を好演する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

男は何故、自転車を盗んだのか? そして男は何故、ペダルを漕ぎ続けたのか? これは釜石に住む1人の男が、自転車で走り続けた7日間の記録である。その男の名は斎藤鉄男(杉本哲太)41歳。製鉄所の工員である。「ジャン、ジャン、ジャン…」。ある朝、鉄男の頭の中で打鐘の音が鳴り響く。「ジャン、ジャン、ジャン…」激しい発作が鉄男を襲う。鉄男は自転車を盗んだ。ハンドルに手を掛け思うに任せてペダルを漕いだ。鉄男はどこに行こうとしているのか。一体何に向かっているのだろうか。瞬く間に自転車は釜石を抜け出し、吹雪の仙人峠を越えていく。「漕ぎなさいよ、思いっきり」。7日目の夜、鉄男は池袋の雑踏の中に立っていた…豊かになる。戦後60年余、日本人は一つの目標に向かって走り続けてきた。走り続けて、手に入れたものは何だったのだろう? 失ったものは、何だったのだろう? わたし達は果たして何者になったのか? 見失ってしまった「何か」を探し求めて、主人公は走り出した。家族を捨て、職場を捨て、故郷を捨て。できることを全力を挙げてやる。明日はほかにあるのではなく、あなたの中にある。「漕ぎなさいよ、思いっきり。」答えは肉体が知っている。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

製作年 2006年
製作国 日本
配給 Cinema ANGELICA
上映時間 104
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 高橋忠和
プロデューサー 畠中節代加藤賢治沢樹舞
プロデューサー補 徳原重之
脚本 沢樹舞
撮影 半田也寸志
ステディカムオペレーター 神野恭兵千葉真一
統括プロデューサー 畠中基博
編集 渡辺勝郎
録音 青沼修志
記録 杉本友美
効果 ジミー寺川
ヘアメイク MAKOTO
助監督 長谷源一郎塚本敬
照明 東田保志
GCスーパーバイザー 藤井晃
スタイリスト 松本智恵子
制作担当 前村裕子竹内暢生
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 日本の自転車泥棒