映画-Movie Walker > 作品を探す > 囁きの木蔭(1940)

「武器よさらば」等のライターであり現在製作者になっているベンジャミン・グレイザーが、ジョン・S・トルディと共作した原作を、「熱砂の秘密」の、ビリー・ワイルダーチャールズ・ブラケットが脚色、「情炎の海」のミッチェル・ライゼンが監督した1940年度作品で製作は「ガス燈」のアアサア・ホンブロウ・ジュニア、撮影は「欲望の砂漠」のチャールズ・ラング、音楽はヴィクター・ヤングが担当する。「ひばり」のコンビ、クローデット・コルベールレイ・ミランドを中心に、デニス・オキーフウォルター・エイベルらが共演。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1939年夏、内乱スペインのフランコ側監獄に入っていたアメリカ航空士トム・マーティン(レイ・ミランド)は、「妻の嘆願によって」釈放された。独身の彼は首をかしげたが、出てみるとそれは、彼の記事取りにやって来たアメリカの通信記者オーガスタ・ナッシュ(クローデット・コルベール)の策略なのであった。ばれないうちにと、二人はフランスへ逃げ出しかくてパリでの幾日かの交際をつづけるうちに、彼はすっかりオーガスタにのぼせてしまった。やがて彼女はベルリン勤務を命ぜられ、そうそうにパリを旅立ったが、追いかけて来たトムに口説かれて、コンピエーニュの森で短い閑暇を遊ぶことになった。今は彼女も人1倍彼を愛し始めたものの、その最後の日ナチはポーランドに侵入、二人は仕事を捨ててアメリカへ逃げ帰ることにした。しかし船はUボートに撃沈され、任務への情熱をかきたてられたトムは早速英国空軍に投じた。オーガスタも仕事に帰り、ヨーロッパ中を飛びまわって、幾月かが過ぎた。フランス降伏の日、調印式のため再び懐かしのコンピエーニュの森に派遣されて来たオーガスタは、通信員に化けてやって来たトムにめぐり合った。戦闘で片腕を利かなくしたトムは、残る腕で彼女を抱きしめながら、今こそ帰国してアメリカの人にヨーロッパの悲劇を伝える時が来たと囁くのであった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Arise, My Love
製作年 1940年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 囁きの木蔭(1940)