映画-Movie Walker > 作品を探す > クール・ディメンション

クール・ディメンションの画像

クールな女殺し屋3人組の活躍を描くヒロイン・アクション。グラビアなどで活躍する三津谷葉子大谷允保、モデル出身の重泉充香が、激しいアクションに自ら挑戦した意欲作。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 50% (1)
星2つ 100% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

クールでグラマラスな美女3人組(三津谷葉子、大谷允保、重泉美香)の正体は、街のネオンを赤と黒のキャットスーツに写し、妖しく舞う女暗殺者(アサシンズ)たち。父親代わりの黒川により“殺人マシーン”に育てられた彼女たちは、その鍛え抜かれた肢体と、明晰な頭脳を駆使し、ターゲットを次々と瞬殺してゆく。次の指令は、ある政治家の汚職の“鍵”を握った《村岡》という男の暗殺。徐々に足取りを掴んできた彼女たちの前に、女チーマー軍団が立ちはだかる。指令の失敗は“自らの死”を意味する。《村岡》をめぐって、女たちの激しい闘いが幕を開けた。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

製作年 2006年
製作国 日本
配給 『クール・ディメンション』フィルムパートナーズ
上映時間 72
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 石井良和
製作総指揮 斎藤正明井内徳次
プロデューサー 北村敏彦磯部伸二郎山本英夫
脚本 佐東みどり
企画 いさみたかお
撮影 佐久間公一ふじもと光明
音楽 瀬戸郁寛
美術 津留啓亮
編集 平井将人
録音 稲見勝
キャスティング 小林良二
助監督 加藤智則
照明 賢人
アクション監督 谷垣健治
ラインプロデューサー 増野琢磨
プロデューサー補 林大造
脚本協力 山本昇久
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > クール・ディメンション