映画-Movie Walker > 作品を探す > 雨の町

雨の町の画像

人気作家、菊地秀行の小説を映画化したミステリー。不気味に静まり返った田舎町を舞台に、35年前に失踪した子供たちが甦るという怪現象に直面した人々の恐怖と悲しみを描く。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 9
レビュー 1
投票 8
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 25% (1)
星4つ 75% (3)
星3つ 100% (4)
星2つ 25% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

とある地方都市に内臓が全くないという子供の死体が流れ着いた。この事件を調査するフリーのルポライター、兼石荘太(和田聰宏)は、死体が安置されてある病院に向かった。死体を見る事ができた兼石だが、目の前で死んだはずの子供が突然起き上がり、病院を抜け出てしまった。詳しい情報を収集しようと町役場に向かった兼石。そこで彼は近くの丙(ひのえ)村で35年前に小学生の集団失踪事件があった事を知る。町役場の女性職員・香坂(真木よう子)が村への案内をかって出てくれた。丙村で取材を始めた二人は、廃校になってしまった小学校に行き、古びた卒業アルバムを見つける。そこには死体でみつかった子供が写っていた。学校を出た二人は更に奥へと進んでいく。兼石が何かに気づく。森の中へ入っていくと古い土葬の不気味な墓がいくつもあった。子供たちが消えたといわれている場所を一人で調べ始めた兼石は少年と少女(成海璃子)に遭遇する。彼は手に持っていた卒業アルバムをめくった。目の前にいる2人が、姿形も全く同じ状態で記念写真におさまっていた。35年前に失踪した小学生が、当時のままの姿で目の前にいる。村人たちが守り続けてきた驚くべき秘密とは……。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 2006年
製作国 日本
配給 プログレッシブピクチャーズ
上映時間 95
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 田中誠
プロデューサー 松浦強
原作 菊地秀行
脚本 田中誠
撮影 松本ヨシユキ
音楽 遠藤浩二
エンディングテーマ 菊地成孔
美術 安宅紀史
編集 大永昌弘
キャスティング 田端利江
ヘアメイク 細倉明日歌
助監督 武正晴
照明 矢部一男
ラインプロデューサー 植野亮
エグゼクティブプロデューサー 小澤俊晴林瑞峰阪上仁志栗田陽子宇田川寧
製作担当 安斎みき子
脚本協力 奥寺佐渡子
衣裳 宮本まさ江
HD技術監督 大橋豊
HD技術 田中肇

レビュー

ぶきみ

投稿者:☆★もも★☆

(投稿日:2007/08/19)

謎解きミステリー好きです。 雨というのも雰囲気が 出てい…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 雨の町