映画-Movie Walker > 作品を探す > 爆撃機の眼

爆撃機の眼の画像

後戻りのできない世界へと疾走する2人の女子高生のアナーキーな姿を描くハードボイルドタッチのドラマ。新鋭・八坂俊行が、映画美学校高等科終了作品として製作した監督第2作。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

女子高生の時子(河井青葉)と雫(山岸彩子)はいつも二人で遊んでいるが、物足りない日常に飽きていた。彼女たちは、他人の部屋に忍び込む遊びに興じる。何も知らずに帰って来た部屋の住人である男は、二人に襲われて縛り上げられてしまう。時子と雫は男を監禁し、男の部屋を自分たちの物にする。二人は部屋の中で好き勝手に振舞い、男に対しての暴力も段々とエスカレートしていく。だが同じクラスの水泳部員・三雄に片思いする雫は、三雄と一緒に下校するようになり、時子との距離をとり始める。そんな雫に対して時子は三雄との関係を邪魔しようとつけまわす。次第にお互いにすれ違い始めていく時子と雫。そんな中、苔を研究する学者と、理想の眼を探す眼科医が夜の街に姿を現し始めていた。同時に、時子と雫の周囲では女性の眼が潰され絞殺されるという事件が連続して起きる。水、皮膚、濡れる網膜、呼吸する苔、爆音を上げる爆撃機。世界は二人に呼応するかのように変容し、響き合い始めるのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 S.C.P
上映時間 60
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 爆撃機の眼