TOP > 上映中の映画作品を探す > サウス・ダコタの戦い

大西部を舞台にしたイギリス人の冒険綺譚。「馬と呼ばれた男」の続編である。製作はテリー・モーズ・ジュニア、監督は「恋とペテンと青空と」のアーヴィン・カーシュナー、脚本はインディアン研究家のジャック・デ・ウィット、撮影は「エクソシスト」のオーウェン・ロイズマン、音楽は「巨象の大陸」のローレンス・ローゼンタールが各々担当。出演はリチャード・ハリスゲイル・ソンダーガード、ジョフリー・ルイス、ビル・ラッキングホルヘ・ルーク、クローディオ・ブルックなど。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
1

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アメリカ大陸を旅行中のイギリス貴族モーガン(リチャード・ハリス)がインディアンと共に暮し戦ってから3年後、再び彼は、アメリカ・サウスダコタの故郷に帰って来た。愛した山河と風景。だが、イエローハンド族の居留地には襲撃された跡があり、誰1人残ってはいない。モーガンは生き残ってるかもしれない同胞を捜した。やがて巨大な砦にたどりつく。中の様子をうかがうとハンド族らしいインディアン女の姿も見える。彼は旅行者に扮し、偵察に入った。砦は表向き白人とインディアンとの交易所だが、奴隷の中に3年前はまだ子供だった女の姿を見つけた時、彼は事態を呑み込んだ。砦から逃げ出した彼は、ようやく南東の岩場に隠れ住むイエローハンド族に会う。3年ぶりの彼=〈馬〉の帰郷。出迎えたのはエルク(ゲイル・ソンダーガード)と老酋長に率いられた女、子供達だった。部族は悪徳白人に扇動された敵のインディアン一族の襲撃を受けた結果、今は飼犬の肉で生活をつないでいるという。モーガンは復讐戦をと説得する。だが、集落には悪霊がつきまとっているという集落の実力者大鴉の託宣が、人々の気力を奪っていた。モーガンは何とか人々に勇気を奮い立たせるため、戦士としての4日4晩の苦行に入る。それにもたえ、鬼気迫る彼の姿に、部族の若者も苦行に入って行った。嵐の一夜が明け、復讐の時が来た。まず敵インディアン一族をせん滅し、砦の悪徳白人への攻撃を開始する。火柱と共に吹っ飛ぶやぐら。だが、酋長も敵の矢に倒れていった。そして数年後、すっかりイエローハンド族にとけ込み、終生この地にとどまることを決意した〈馬〉の姿があったという。

作品データ

原題 The Return of A Man Called Horse
製作年 1976年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > サウス・ダコタの戦い