TOP > 映画作品を探す > サインズ・オブ・ライフ

時代に流され、閉鎖を余儀なくされた漁村のボート工場を舞台に、そこに働く人々の1日を通して人生のせつなさと喜びを綴るヒューマン・ドラマ。製作はマーカス・ビシディアンドリュー・レイチェスマン。監督はテレビドラマ、ミュージック・ビデオ出身のジョン・ディビッド・コールズで、本作で劇場映画デビュー、89年ドーヴィル映画祭最優秀作品賞を受賞した。脚本はマーク・マローン、撮影はエリオット・デイビス、音楽はハワード・ショアが担当。出演はアーサー・ケネディ(遺作)、ボー・ブリッジスケイト・レイドキャシー・ベイツほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

メイン州の小さな漁村イーストハセットでオーエン・コーフリン(アーサー・ケネディ)はボート工場を経営している。しかし、時代の波に押されて、代々の家業としてきた造船所も閉鎖に追い込まれようとしていた。責任を感じつつも、心中密かにこれからの生きる目的を見つけだそうとする頑固なコーフリンだった。そんな彼の面倒を見ているのが快活で現実的なミセス・ラングウェイ(ケイト・レイド)で、ボートを買った客が訪ねてくる今日のために、パーティの準備をしている。ボート工場の責任者ジョン・アルダー(ボー・ブリッジス)は仕事を愛する職人気質で、転職する気などまったくない。しかし失業した今、5番目の子供を身ごもっている妻(キャシー・べイツ)と子供たちのためにも新しい職を見つけなければならない。工場には2人の若い従業員がいるが、ダリル(ヴィンセント・ドノフリオ)は知的障害の弟ジョーイ(マイケル・ルイス)との、エディー(ケヴィン・J・オコナー)は恋人のシャーロット(マリー・ルイーズ・パーカー)との関係にそれぞれ苦しんでいる。そして、突然人々の煩悶をつき破るような出来事が起こる。邪魔者扱いされたジョーイが、ボートに乗って沖に流されてしまったのだ。一方、オーエンのもとに現われたお客は、注文を取りつけようと必死に説明するオーエンに「もうこの工場は終わった」と冷たく言う。ヤケになったオーエンは部屋中の物を壊しだす。しかし、父の写真に怒りをぶつけようとした瞬間、先程の客が死んだはずの父だったことに気づくのだった。

作品データ

原題 Signs of Life
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 東京テアトル・バビット
上映時間 90
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > サインズ・オブ・ライフ