映画-Movie Walker > 作品を探す > サイレンサー 沈黙部隊

ドナルド・ハミルトンの小説“マット・ヘルム”シリーズのうちから「沈黙部隊」のオスカー・ソウルが脚色、「ランページ」のフィル・カールソンが監督したスパイ・アクション。撮影は「ちょっとご主人貸して」のバーネット・ガフィー、音楽は「ビッグトレイル(1965)」のエルマー・バーンスタインが担当した。出演は「結婚専科」のディーン・マーティン、「底抜け大学教授」のステラ・スティーヴンス、「ロード・ジム」のダリア・ラビ、「ふるえて眠れ」のヴィクター・ブオノ、「夢の渚」のアーサー・オコンネル、「ブラック・タイツ」のシド・チャリシーなど。製作はアーヴィング・アレン

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

スパイ戦の第一戦を退き美しい秘書と余暇を楽しんでいるマット・ヘルム(ディーン・マーティン)のところへ、ICE本部から電話が入った。有無をいわせぬ呼び出しで、パートナーには、彼が以前愛していたティナ(ダリア・ラビ)が選ばれていた。敵は中国人タン・ツェの組織で、彼らのねらいは、米空軍のミサイル実験を利用し、電波誘導で合衆国南西部一帯を死の灰でつつんでしまおうというのだ。ICEはそれを阻止しなければならない。マットとティナは、指令でニューメキシコに出発した。途中フェニックス・ホテルに落ちついて間もなく2人は、ゲイル(ステラ・スティーヴンス)と名のるグラマー女性と知りあい、彼女は2人にオルガン弾きガンサーを紹介した。マットはこの2人をあやしいと思いながらも正体をつかめなかった。その夜ホテルのショウ・ルームで、裏切った合衆国科学者が手に入れたマイクロ・フィルムが敵の手に渡されるという情報が入った。ショウ・ダンサーのサリータ(シド・チャリシー)が客の1人からマイクロ・フィルムを受けとり、衣裳の間にかくし、舞台中央に戻った時、彼女は何者かに射殺された。すぐに死体にかけより、マイクロフィルムを奪ったのはゲイルだった。マットはゲイルをとらえ訊問したが、彼女は何も知らないと言いはるのだった。いつのまにかティナもそばに来ていた。その頃ICE本部から指令が入り、マットはゲイルをつれて出発した。ゲイルは車の中でも、自分は事件には関係ないと強硬に言いはるのだった。途中の山道で車は敵にかこまれ、一時は逃げられたものついに敵の一味にとらえられ、本部につれていかれた。なんとそこにはティナがいた。彼女は2重スパイだったのだ。マットはすきをみて、才知と新型兵器を使い、敵の本部を爆破、一味を全滅させた。数日後、自宅でくつろぐマットのかたわらには、ゲイルがほほえんでいた。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Silencers
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

『サイレンサー』(4作品)

  • サイレンサー 破壊部隊 (1969年4月8日公開)

    ドナルド・ハミルトンのスパイ小説を、「宝石を狙え ゴールデン・ブル作戦」のウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色、「サイレンサー 沈黙部隊」のフィル・カールソンが監督したシリーズの4作目。

  • サイレンサー 待伏部隊 (1968年3月16日公開)

    ドナルド・ハミルトンの小説を、前作「サイレンサー 殺人部隊」のハーバート・ベイカーが脚色、同じく「サイレンサー 殺人部隊」のヘンリー・レヴィンが監督したマット・ヘルム・シリーズ第3作。

  • サイレンサー 殺人部隊 (1967年1月21日公開)

    ドナルド・ハミルトンのスパイ・アクション小説の第5作目『殺人部隊』を、ハーバート・ベイカーが脚色、「殺しのビジネス」のヘンリー・レヴィンが監督した。

  • サイレンサー 沈黙部隊 (1966年6月4日公開)

    ドナルド・ハミルトンの小説“マット・ヘルム”シリーズのうちから「沈黙部隊」のオスカー・ソウルが脚色、「ランページ」のフィル・カールソンが監督したスパイ・アクション。

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サイレンサー 沈黙部隊