7月24日通りのクリスマス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

7月24日通りのクリスマス

2006年11月3日公開,108分
  • 上映館を探す

「電車男」でヒロインのエルメスを演じた中谷美紀が一変、彼氏いない歴29年の“オタク女子”に扮する。街並みが似ている長崎と妄想の街リスボンを舞台に展開するラブ・コメディ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

OLの小百合は地味で平凡な漫画オタク。彼氏のいない彼女は、妄想の中でポルトガルのリスボンに暮らし、“自分だけの王子様ランキング”を楽しむ。そんなある日、不動のナンバー1である憧れの先輩、聡史と再会する。

作品データ

原題
Christmas on July 24th Avenue
製作年
2006年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
108分

[c]2006「7月24日通りのクリスマス」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • a-chi

    4
    2012/2/20

    なんかYOUの言葉よかったですね。

    シンデレラストーリーが好きな私は個人的に好きでした。ただ大沢たかおの気持ちの流れ、わかりにくいです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • takecy

    3
    2008/2/11

    ストーリーが始まって早々の中谷美紀の妄想は見ていて楽しい。
    長崎という街に魅力を感じさせる効果もあるし。

    ただストーリーはベタ。
    オタクの女性が恋をして変身する、とはいえ実際にはそんなに上手くはいかないだろうけれど。
    わかりやすく言えばシンデレラを元に再構築した感じ。
    ただ二人が付き合いだす過程はいまいちすっきりせず。

    大沢たかおの影が薄くてあまり存在感を感じなかった。
    逆にYOUがかなりの存在感を発揮していた。上野樹里や佐藤隆太はあまり目立たず。
    劇団ひとりの役はストーリー上いないほうがすっきりするだろうに。
    必要性がないし。

    結局全体にそれなり。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • koala

    3
    2008/1/20

    良かった。中谷美紀が大沢たかおに想いを伝えるシーン…ジーンときました。

    個人的には佐藤隆太にも幸せになって欲しかったけど…

    大切なMasterと観ると良い。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告