映画-Movie Walker > 作品を探す > 夜のピクニック

夜のピクニックの画像

原作者の母校で実際に行なわれている伝統行事を題材に、高校生たちの青春を描いたドラマ。「博士の愛した数式」に続き、第2回本屋大賞を受賞したベストセラー小説の映画化。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 192
レビュー 26
投票 166
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (85)
星4つ 52% (45)
星3つ 32% (28)
星2つ 20% (17)
星1つ 20% (17)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

夜を徹して80キロを歩き通す高校生活最大のイベント「歩行祭」。最後の歩行祭を迎える高校3年生の甲田貴子(多部未華子)は、人知れず一つの賭けを胸に秘めていた。3年間わだかまった想いを解決するための「秘密の賭け」。それは、一度も話したことのないクラスメイトの西脇融(石田卓也)に、話しかけることだった。親友の美和子(西原亜希)にも、NYに引っ越してしまったもう一人の親友・杏奈(加藤ローサ)にも言えず、貴子はある秘密を必死に隠し続けていた。それは、貴子と融が同じ父親を持つ、血のつながった兄妹だということだ。すっかり夜も更けてゆき、日付が変わった頃、疲れてるはずの生徒たちが皆ソワソワし始めた。「歩行祭」は、数多くのカップルが生まれるイベントでもあるのだ。貴子と融の関係を勘違いしているクラスメイトたちは、二人をくっつけようと応援してくる。友人たちの勘違いとおせっかいが背中を後押しするも、強張った表情しか向けない融に、結局貴子は声をかけられないままでいた。時は過ぎ、残された時間は20キロの自由歩行のみ。先をゆく融の背中はどんどん遠ざかり、何もできないままゴールは迫る。朝日を浴びる頃、どちらからともなく二人の距離は縮まり、貴子はついに融に話しかける。融も、自分たちが兄妹だということは知っていた。長年のわだかまりが静かに溶けていき、貴子にとって最後の「歩行祭」が終わるのだった。

見たい映画に
登録した人
27

作品データ

原題 The Night time Picnic
製作年 2006年
製作国 日本
配給 松竹/ムービーアイ
上映時間 117
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 長澤雅彦
原作 恩田陸
脚本 三澤慶子長澤雅彦

キャスト

甲田貴子 多部未華子
西脇融 石田卓也
戸田忍(融の親友) 郭智博
後藤梨香(貴子と融のクラスメイト) 貫地谷しほり
梶谷千秋(貴子と融のクラスメイト) 松田まどか
内堀亮子(同級生) 高部あい
榊順弥(杏奈の弟) 池松壮亮
榊杏奈(転校した貴子と美和子の親友) 加藤ローサ
高見光一郎(貴子と融のクラスメイト) 柄本佑
藤巻(教師) 嶋田久作
校長先生 田山涼成
貴子の母親 南果歩

レビュー

ただ歩くだけなのに・・・

投稿者:Kira

(投稿日:2006/10/03)

80㎞ただ歩くだけの高校行事なのに色々なドラマがあります。普…

[続きを読む]

支持者:5人

多部未華子の存在感

投稿者:oma

(投稿日:2012/11/22)

いい話だった。 いい話だったけど、 コメディ要素はあんま…

[続きを読む]

支持者:0人

青春の1ページ

投稿者:ミチさん

(投稿日:2012/04/07)

言葉で言えばこれだけだけど、多部未華子と石田卓也がういういし…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 夜のピクニック

ムービーウォーカー 上へ戻る