子ぎつねヘレン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

子ぎつねヘレン

2006年3月18日公開,108分
  • 上映館を探す

目と耳の不自由な子ぎつねの観察記録をつづったベストセラーを映画化。一匹の子ぎつねとともに成長していく少年の姿を描く感動作。人気バンド、レミオロメンが主題歌を担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京から、母親と再婚予定の獣医・矢島の住む北海道へやってきた8歳の少年・太一。彼はある日、目と耳が不自由な一匹の子ぎつねを拾い、“ヘレン”と名付ける。最初は餌も食べなかったヘレンだが、やがて太一になつくように。

作品データ

原題
Helen The Baby Fox
製作年
2005年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
108分

[c]2006「子ぎつねへレン」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • 晴耕雨読

    4
    2009/5/28

     原作は竹田津実の『子ぎつねヘレンがのこしたもの』であり、監督の河野圭太は基本スタンスを完全に子供向けにしています。レビューの中でも少年太一(深澤嵐)の視線で映画が進行していくと記述されていますが、少年太一の心象風景が、特に童話の世界のようで、その通りのファミリー向けの映画ですね。誰もが思った少年時代の大人への畏怖は子供だけの世界であればいいと想像したこともあった筈です。

     一応実話を基にしていますが、ストーリーテリングは映画用の脚色がなされていますので、ディテールも童話そのもです。「銀河鉄道999」を彷彿とさせる、少年太一と子ぎつねヘレンの逃亡シーンはかなり子供向けだけれども、大人となって忘れたものを思い起こさせる感動があります。

     少年太一が二重苦の子ぎつねヘレンを真剣に育てようとする姿はレビューでも“ヘレンさん”が書き込まれている「動物にも命がある。彼らも生きたい。」に人々は感動するのです。矢島獣医役の大沢たかおも、少年太一の介護により子ぎつねヘレンの体重が増えたことに心を動かされ、余命幾ばくもない筈の小動物のために懸命にアクションを起こすのです。

     娘役の小林涼子のナチュラルな演技に好感が持てましたが、松雪泰子、吉田日出子、藤村俊二、阿部サダヲ、田波涼子、等の芸達者な俳優たちの演技もじっくりと味わえる良心的佳作です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • あんこちゃん

    5
    2008/1/22

    親子の愛や絆、ヨソからやってきた転校生、そして、健気な動物の姿など。「泣ける映画」のお約束の素材満載の映画だけれども、それでも終盤に差しかかる辺りからジーンとこみあげるモノがあり、不覚にも泣きそうになってしまった。
    小さなカラダが教えてくれた大きなモノ―
    それがこの映画の始まりであり、すべてだと思う。

    さまざまなことに対して自信(自身)をもてなかった太一がヘレンを育てることによって、様々な発見や学びの中でジブンを成長させていく。それによって、回りにも変化を与えていく。と、いう普遍的な描き方だけれども、それだけに反対に太一とヘレンを軸とした撮り方がよかったと思う。また、カメラという媒体を通して「ヘレンという存在の切り取っておきたい一瞬」の描き方も個人的にはスキ。

    そして、特筆すべきはやはりヘレンを中心とした様々な動物たちの演技(?)。特にロッシという犬が上手いし、よいアクセントとなっておいしい。

    ただ、始めから中盤あたりまで出てくるパステル調の演出が余分。…というか、もし、太一の心象風景としてあの種の演出をしたいならば最後まで遣り通すべきであったし、別の演出方法もあったと思う。イチバン中途半端が引っかかる。

    もしかしたら、2、3日しか生きられなかったいのちをたった3週間だけれども、ある種延命したことは自然の摂理に反するし、人間のエゴだったのカモしれない。
    でも、冷たい漆黒の闇の中でしか生きることを知らなかったヘレンは3週間の間だけは”色”を感じ、暖かい、鮮やかな色のある世界で生きられたのだと思う。

    へレンが、そして、取り巻く人々がその日々がどんなモノであったかは、第三者が決めることではないし、決める権利もナイ。
    ただ、どんなに「辛」い日々でも、たった「一」つの何かを見つけ、ふれることが出来た瞬間から、それは「幸」せな日々に変われることだけは確かだと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ☆★もも★☆

    4
    2007/8/20

    主人公の男の子のかわいさ、
    そして自然さがとってもよかったです!

    男の子自身もいろんな事を抱えながら、
    ヘレンに一生懸命になっていく、
    感動しました。

    家族でみたらいいと思う
    ストーリーでした!
    歌もいい!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告