映画-Movie Walker > 作品を探す > 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々

白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々の画像

ヒトラー政権下のドイツに実在した学生グループ“白バラ”を題材にしたドラマ。処刑の恐怖に直面しながらも信念を貫いたヒロインの生きざまを感動的に描く。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 78
レビュー 5
投票 73
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (45)
星4つ 60% (27)
星3つ 6% (3)
星2つ 2% (1)
星1つ 4% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1943年、ミュンヘン。ヒトラー独裁政権は末期的な局面を迎え、人々はスターリングラードでのドイツ軍大敗の噂をしながら明日に怯えていた。そんな中、ヒトラーの政策を批判し、戦争終結を叫ぶ地下組織的なグループが存在した。彼らは“白バラ”と呼ばれ、ビラを配り、壁に「打倒・ヒトラー」のスローガンを書く非暴力的なレジスタンス活動を繰り返していた。兄のハンス(ファビアン・ヒンリヒス)と共に白バラに参加していたゾフィー・ショル(ユリア・イェンチ)は、その日も白バラのメンバーのいる秘密の印刷所に向かった。そこでは次に配布するビラが作られており、ハンスがミュンヘン大学構内に配置すると言い出した。仲間は彼を止めるが、結局、ハンスとゾフィーのコンビで決行することになった。翌日2月18日、彼らは授業中のひと気のない大学構内の数ヶ所に、ビラを積み置きした。最後の余ったビラをゾフィーが階上からばら撒いたとき、終業のベルが鳴り、多くの学生が教室からあふれ出した。群集に混じって逃げようとする二人は用務員の通告でゲシュタポに逮捕された。取調べが開始され、長いキャリアを持つベテラン尋問官モーア(アレクサンダー・ヘルト)がゾフィーの担当になる。翌日、ビラの草稿を書いた疑いで仲間のクリストフ(フロリアン・シュテッター)が逮捕された。ゾフィーは恐怖を押し殺し、冷静さを必死で装いながら、自分が無実であることを説得する。その心理的駆け引きの巧みさに一時は彼女の無実を信じかけたモーアだったが、やがて動かぬ証拠が自宅から発見される。罪を逃れられないことを悟ったゾフィーは、一転して反撃に出る。自分は信念によって行動し、それを誇りに思っていると。同じ年頃の息子を東の前線に送り出していたモーアは、ゾフィーに心を動かされる。彼は仲間の情報提供と引き換えに、ゾフィーに逃げ道を用意する。しかしゾフィーはその申し出を拒否し、処刑の道を選ぶのだった。

見たい映画に
登録した人
8

作品データ

原題 Sophie Scholl -Die Letzten Tage
製作年 2005年
製作国 ドイツ
配給 キネティック
上映時間 121
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ゾフィー・ショル ユリア・イェンチ
ロベルト・モーア尋問官 アレクサンダー・ヘルト
ハンス・ショル ファビアン・ヒンリヒス
エルゼ・ゲーベル ヨハンナ・ガストドルフ
ローラント・フライスラー裁判官 アンドレ・ヘイニッケ
クリストフ・プロープスト フロリアン・シュテッター
アレクサンダー・シュモレル ヨハネス・シューム
ヴィリ・グラーフ マキシミリアン・ブリュックナー
ギゼラ・シャーテリング リリー・ユング
ロベルト・ショル ユーグ・フーベ
マグダレーネ・ショル ペトラ・ケリング
ヴェルナー・ショル フランツ・シュターバー

レビュー

命がけで正しいことをする勇気

投稿者:こぶこぶ

(投稿日:2007/10/12)

レンタルDVDで到着。劇場公開時にも行きたかったのだが 機…

[続きを読む]

支持者:1人

新発見

投稿者:ねんねこ堂

(投稿日:2006/10/15)

戦時中のドイツにも、ナチスに批判的な人達がいたんだと改めて知…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々