TOP > 映画作品を探す > 再生の男(1918)

ファーラー嬢の対手として度々紹介された、ウォーレス・リード氏出演の活劇で、対手は近く「鐡火ブライス」や「情熱の国」等に出演したアン・リットル嬢である。メエリー・ピックフォード嬢の妹ロティー・ピックフォード嬢がディキシーに扮して居る。監督はウォルター・エドワーズ氏。アーネスト・ウィルクス氏原作の「絶たれた糸」“Broken Threads”から有名なモント・M・カッタージョン氏が脚色したものである。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

鉱山探検家ハリー・ウェッブは、法外な安値でその所有地を売らなかったと云う理由から、悪人マーク・ブレントンとフランク・ビークマン二人の恨を買う。ブレントンは復讐の手段としてウェッブの名を偽り、彼の恋人なる酒場の唱子ジャニスを一室に誘う。之を知ったウェッブがその室に飛込んだ時、ブレントンは死骸として横はり、その傍には拳銃が落ちて居た。ジャニスを犯人と信じたウェッブは罪を一身に引受けるが、彼女はブレントンは或女に殺されたものであると陳述した。護送の途中ウェッブは逃れて「葬列の地」と呼ばれた山奥に一時身を隠した。其後生え延びた鬚髯に顔を変えてウェッブはケンドールと名乗り、町へ来り、計らずジャニスに再会したが、彼女が自分を認めぬので、延びた鬚を剃り落した。之を見た悪弁護士のビークマンはウェッブをレイトン大佐の室に襲う。この騒ぎの最中に嘗て殺されたブレントンの情婦ディキシーが重傷を負った。彼女が最後の苦しき息の下に、嫉妬に眼眩んでブレントンを殺したと告白した為、ウェッブの汚名は清められる。

作品データ

原題 The Man from Funeral Range
製作年 1918年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 再生の男(1918)