映画-Movie Walker > 作品を探す > 楽日

楽日の画像

“映画愛”にあふれた、台湾映画界の鬼才ツァイ・ミンリャン監督作。古い映画館の閉館日に集う人たちの様子を、哀愁漂う映像で描き出していく。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 8
レビュー 1
投票 7
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 25% (1)
星3つ 50% (2)
星2つ 25% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

今日で閉館という台北の古い映画館『福和大戯院』。その楽日(最終日)の巨大なスクリーンにはキン・フー(胡金銓)の傑作「血闘竜門の宿」が映し出されている。満場の観客席から喝采が沸きあがっていたのも今は昔。観客席にあるのはまばらな人影だった。その中に真剣にスクリーンを見つめる観客の姿があった。往年の映画スター、ミャオ・ティエン(苗天)とシー・チュン(石雋)。彼らは「血闘竜門の宿」の主演男優でもある。万感の思いを込めてスクリーンを見つめるシー・チュンの目に光る涙。しかしここには、別の『映画ファン』たちも出没していた。観客席を包む闇と光と大音量にまぎれて、『神聖なる集い場』と化した男子トイレの中や薄暗いバックヤードでは、男たちの怪しい人間模様が繰り広げられる。その一方で、孤独に打ちひしがれた男の背後には女幽霊が現れる。足の悪い受付係の女(チェン・シャンチー)は、巨大な桃饅頭を温めている。一人では食べきれない大きさの饅頭が、彼女には必要だったのだ。女は意を決して映写室へと向かう。もうずっと二人でこの映画館を運営してきたに違いない映写技師(リー・カンション)に饅頭を届けるが、彼女の最後のプレゼントに込めた思いも彼には届かない。最終回の上映が終わり、場内を掃き清める受付係の女。彼女が立ち去った後、もう誰も座ることのない客席を不動のカメラが映し出す。永遠の一瞬。二人はいつものように別々に店じまいをして、いつものように別々に帰途に着く。女の気持ちをついに受け止めることができなかった映写技師の手には、桃饅頭を入れた保温器が下げられている。女は降りしきる雨の中を、ひとり歩いてゆく。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 不散
製作年 2003年
製作国 台湾
配給 プレノンアッシュ
上映時間 82
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

時間の蝶番をはずす

投稿者:cinephobe

(投稿日:2006/11/01)

同時に公開された同監督の「西瓜」(2005、旧邦題:「浮気雲…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 楽日