映画-Movie Walker > 作品を探す > 悪魔とダニエル・ジョンストン

悪魔とダニエル・ジョンストンの画像

精神を患いながらも、唯一無比な感性にあふれた作品で人々を魅了する、カルト的人気アーティスト、ダニエル・ジョンストン。彼の軌跡と現在を映しだすドキュメンタリー。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 8
レビュー 3
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 100% (3)
星3つ 66% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1961年、カリフォルニア州サクラメントで生まれ、ヴァージニア州ニュー・カンバーランドで育った内気な少年、ダニエル・ジョンストンは、幼少の頃から特異な芸術的才能を見せていた。定期的に自らの思想やストーリーをカセット・テープに録音したり、スーパー8mmで監督・主演したり、アイディアに富んだマンガやアニメーションを描いたりして、ダニエルは少年時代を過ごした。しかし、キリスト教原理主義者の両親の目には、そんな息子の姿は反社会的にしか映らない。ダニエルは家を出て、ヒューストンの兄の家へ身を寄せる。そこで手に入れたコード・オルガンと兄の家のガレージが、彼の音楽キャリアをさらに広げることになる。その後、無一文でテキサス州オースティンへ流れ着いたダニエル。1980年代はじめ、自家製のカセットテープに様々なフォーク・ソングを録音した彼は、ファン、友人やジャーナリストたちに無料でテープを配り始めた。ちょうどその頃、オースティンの音楽シーンの活況にマスコミが注目しはじめており、意図せずその流れに乗ってしまったダニエルは、MTVでセレブとしてスポットライトを浴びる。だが、まさにその時、彼の内に潜んでいた悪魔が浮上。以後、持続的に躁うつ病に苦しむようになる。そしてその病の兆候は、彼が紡ぎだす歌や絵にますます顕著に現れていくのだった。今や40代半ばとなったダニエルは、入退院を繰り返しながらも多作なヴィジュアル・アーティストに成長。彼の鮮明で奥深い表現は、批評家からも賞讃され世界的に注目を浴びるようになる。ダニエルの過去~現在の貴重な映像、演奏シーン、自身によるホーム・ムーヴィーやオーディオ・テープに録音された音声などを挟み、友人や献身的な家族の証言も加え、彼のパーソナルな歴史を追っていく。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 The Devil and Daniel Johnston
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 トルネード・フィルム
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

カオティック

投稿者:Hipstar

(投稿日:2012/02/01)

わずわらしくも透明に見えるマーブル模様を描くように、シンプル…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 悪魔とダニエル・ジョンストン