映画-Movie Walker > 作品を探す > ブロック・パーティー

ブロック・パーティーの画像

ローリン・ヒルら、黒人アーティストがNYの路上で開催した無料ライブ。その模様を「エターナル・サンシャイン」の鬼才ミシェル・ゴンドリがとらえたドキュメンタリー。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 9
レビュー 3
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (4)
星4つ 50% (2)
星3つ 50% (2)
星2つ 25% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ライブの3日前、発案者であるコメディアンのデイヴ・シャペルは故郷のオハイオで、ライブに招待しようと、老若男女問わず道ゆく人々に、ゴールデン・チケットを配布していた。ブルックリンまでの旅費や宿泊代はすべて負担するという。ライブ前日、シャペルは追い込みの告知をかける。いよいよ当日。2004年9月18日土曜日、NY・ブルックリン。ブラック・ミュージック界のスターたちが豪華競演するシークレットライブが始まろうとしていた。バックステージでは、出演者たちが円陣を組み、無事にこの日を迎えられた感謝の気持ちを神に捧げていた。雨が降り始めたステージでは、カニエ・ウェスト、タリブ・クウェリ、コモンが『Get him High』で熱いパフォーマンスを見せる。俳優としても活躍する、モス・デフとタリブ・クウェリのユニットが『Definition』でステージを圧倒。彼らの熱気がブルックリン一帯を包み込む。今回のライブのもうひとつの狙いは、有名人である出演者たちの知られざる一面を見せること。出番でない出演者たちもステージ後方に控え、全員が一心同体となってひとつのステージを作り上げていく。今回のライブの最後を飾るのは、R&Bの女王ローリン・ヒル。しかしレコード会社から楽曲の使用禁止を受けたため、ローリンの解決案で7年ぶりにザ・フージーズを再結成。ローリンは、大ヒットナンバー『Killing Me Softly With His Song』を熱唱。ライブ終了後、バックステージでは「これまでのキャリアの中で最高の1日だった」と感慨深げなシャペルの姿があった。翌朝、世紀のライブを肌で楽しんだシャペルの招待客たちが、それぞれ満足げな面持ちでオハイオに戻るバスに乗り込む。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Block Party/Dave Chappelle's Block Party
製作年 2006年
製作国 アメリカ
配給 エイベックス・エンタテインメント
上映時間 103
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

※本人出演 ローリン・ヒル
※本人出演 カニエ・ウェスト
※本人出演 モス・デフ
※本人出演 タリブ・クウェリ
※本人出演 コモン
※本人出演 フーシーズ
※本人出演 デッド・プレイズ
※本人出演 エリカ・バドゥ
※本人出演 ジル・スコット
※本人出演 ザ・ルーツ
※本人出演 デイヴ・チャペル

レビュー

音楽への愛

投稿者:キムマキ

(投稿日:2006/12/04)

『ブロック・パーティ』を観る。ワタシはエリカ・バドゥが好きな…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ブロック・パーティー