映画-Movie Walker > 作品を探す > ナイロビの蜂

ナイロビの蜂の画像

アフリカを舞台に、世界的陰謀を暴こうとした妻と、その意志を継ごうとする夫の愛を描くラブ・ストーリー。妻役のレイチェル・ワイズは本作でアカデミー賞助演女優賞を獲得。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 435
レビュー 23
投票 412
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (239)
星4つ 48% (117)
星3つ 22% (53)
星2つ 5% (12)
星1つ 5% (14)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ガーデニングが趣味の物静かな英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、スラムの医療施設を改善する救援活動に励む妻テッサ(レイチェル・ワイズ)と、ナイロビで暮らしていた。しかし突然、テッサがトゥルカナ湖の南端で殺害されたという報せが届く。彼女と同行していた黒人医師アーノルド(ユベール・クンデ)は行方不明。警察はよくある殺人事件と断定して処理しようとするが、その動きや、テッサに密かに思いを寄せていた同僚サンディ(ダニー・ヒューストン)の不審な振る舞いから、疑念にかられたジャスティンは、妻の死の真相を独自に調べ始める。そして、アフリカで横行する薬物実験、大手製薬会社と外務省のアフリカ局長ペレグリン(ビル・ナイ)の癒着という、テッサが生前暴こうとしていた世界的陰謀を知る。命の危険にさらされながら、テッサの想いを引き継ぐジャスティンは、その過程で、改めてテッサへの愛を実感していく。やがてジャスティンもテッサと同じように湖の南端で殺害されるが、テッサのいとこの弁護士の尽力によって、ペレグリンの悪事を示す手紙が世間に公開されるのだった。

見たい映画に
登録した人
35

作品データ

原題 The Constant Gardener
製作年 2005年
製作国 イギリス
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 128
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ジャスティン・クエイル レイフ・ファインズ
テッサ・クエイル レイチェル・ワイズ
アーノルド・ブルーム ユベール・クンデ
サンディ・ウッドロウ ダニー・ヒューストン
サー・バーナード・ペレグリン ビル・ナイ
ロービア ピート・ポスルスウェイト

レビュー

医者に気を付けろ

投稿者:フジ三太郎

(投稿日:2018/05/21)

レビュータイトルを気にしながら観ると、ラスト近くで「ああ」と…

[続きを読む]

支持者:0人

映画「ナイロビの蜂」

投稿者:刹那

(投稿日:2012/07/18)

お金で世界が回っている限り、何らかの不正が存在しているのも事…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ナイロビの蜂