映画-Movie Walker > 作品を探す > シリアナ

シリアナの画像

元CIA工作員による衝撃のノンフィクションを、スティーブン・ソダーバーグ&ジョージ・クルーニーのコンビが映画化。中東を舞台に、さまざまな人々の思惑が交錯する群像劇だ。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 169
レビュー 4
投票 165
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 73% (31)
星4つ 71% (30)
星3つ 92% (39)
星2つ 100% (42)
星1つ 64% (27)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

CIAのベテラン諜報員ボブは、イランで“青い眼の男”に高性能爆弾を横取りされるという失敗を犯してしまう。その頃ワシントンDCでは、野心家の弁護士ベネットが、アメリカ政財界のフィクサーであるホワイティングから大手石油採掘業社コネックス社とキリーン社との合併計画の調整を依頼される。アメリカ司法省検事局はキリーン社の不正をマークしていたが、ベネットは合併計画を前進させようと画策し始める。パキスタンからの出稼ぎ労働者・ワシームは、この合併に絡んだ人員削減で家族共々生きる糧を失い路頭に迷っていた所を“青い眼の男”によって過激派に引き入れられる。その頃、中東の或る産油国の王室では、ナシール王子とメシャール凖王子が石油事業の運営を巡って対立していた。メシャール凖王子に共闘を申し出るホワイティング。改革派の旗頭であるナシール王子を、反米テロの支援者と見なすCIAは、王子の暗殺をボブに命じるが、イランのスパイに邪魔され失敗に終わる。ワシントンに戻ったボブは自身に危険が迫っている事を察知する。暗殺計画が存在した事の証人になり得るボブはCIAに消される恐れがあった。計画を主導した黒幕がホワイティングである事を突き止めたボブは、身を守る為に敵方に寝返る事を決める。中東の改革に乗り出し、キリーン社を始めとしたアメリカ企業の排除計画を進めるナシール王子は、ホワイティングの暗躍によってメシャール準王子に実権を握られてしまう。ナシール王子は改革運動を本格化させるべく動き出すが、CIAは再びナシール王子暗殺計画を進行させていた。ボブは暗殺計画を阻止すべくナシール王子との接触をはかるが、王子と共にCIAに殺されてしまう。キリーン社の汚職の証拠を掴んだ検事局。ベネットは、身内を売る事で検事局と取引し、合併計画の障害を取り除く。王位についたメシャール準王子の後押しを受け、ホワイティングが進めていたコネックス社とキリーン社の合併が成功した。しかし、“青い眼の男”から指令を受けたワシームが高性能爆弾を抱えてコネックス&キリーン社の天然ガス施設を自爆攻撃し、全ては海の藻屑となってしまった。

見たい映画に
登録した人
27

作品データ

原題 Syriana
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース
上映時間 128
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ボブ・バーンズ ジョージ・クルーニー
ブライアン・ウッドマン マット・デイモン
ベネット・ホリデイ ジェフリー・ライト
ジミー・ホープ クリス・クーパー
スタン・ゴフ ウィリアム・ハート
ワシーム マザール・ムニール
ダニー・ドールトン ティム・ブレイク・ネルソン
ジュリー・ウッドマン アマンダ・ピート
ディーン・ホワイティング クリストファー・プラマー
ナシール王子 アレクサンダー・シディグ

レビュー

中東なしには世界は回らない

投稿者:いくっち

(投稿日:2009/01/20)

序盤の展開についていけず、これはスジを知っていないと辛そうだ…

[続きを読む]

支持者:1人

今も起きている現実…かもしれない

投稿者:キムマキ

(投稿日:2006/10/07)

『シリアナ』を観る。ジョージ・クルーニーはとても華やかな人だ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > シリアナ