映画-Movie Walker > 作品を探す > インプリント ぼっけえ、きょうてえ

インプリント ぼっけえ、きょうてえの画像

三池崇史監督が初めて米国資本で撮ったホラー映画。岩井志麻子の同名小説をもとに、工藤夕貴扮する醜い顔をした女郎のおぞましい生い立ちと秘密を生々しく語り明かす。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 0
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 50% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 50% (1)
星1つ 50% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

おそらく、日本の明治時代のある地方。アメリカ人文筆家のクリス(ビリー・ドラゴ)は、愛する優しい日本人女性・小桃(美知枝)の行方を求め、日本各地を放浪していた。彼が川の中にある浮島の遊郭を訪れると、小桃の姿を発見することはできなかったが、客引きを全くせず薄暗い部屋の奥で座っている、妖しい雰囲気の女郎(工藤夕貴)を指名した。クリスは一夜を過ごすことになったその女と話すうち、彼女の醜い素顔を初めて知って驚く。顔面の右側が上部に引っぱられるように歪んでいて、これでは男の情欲を萎えさせてしまうに違いないと考える。彼女は哀しい眼をしながら、「ウチの顔、ぼっけえ、きょうてえ(岡山地方の方言で、とても怖いという意味)じゃろ……でも、ウチのアソコはしまりがいいと評判なんじゃ」と優しく話しかけてくる。やがて女は自らの悲惨な身の上を語りつつ、クリスが探す小桃のことを話し始めた。女郎として売られこの遊郭にやってきた小桃は、愛する男のきっと迎えにくるとの約束を信じていたが、ある日、自殺してしまった。それを聞かされたクリスは、激しく落ち込むが、その話は真実なのかと疑問に思う。まだ怖ろしい夜は、始まったばかりであった……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Masters of Horror: Imprint
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 角川ヘラルド・ピクチャーズ
上映時間 63
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三池崇史
プロデューサー 井上文雄ジェニー・ルー・トゥジェンドローレン・ワイスマン
原作 岩井志麻子
脚本 天願大介
撮影 栗田豊通
特殊メイク 松井祐一
美術 佐々木尚
編集 島村泰司
録音 鶴巻仁
音響効果 柴崎憲治
照明 金沢正夫
ライン・プロデューサー 山本章
共同プロデューサー 中村陽介
CGIプロデューサー 坂美佐子
衣装 北村道子

キャスト

工藤夕貴
クリストファー ビリー・ドラゴ
小桃 美知枝
内儀 根岸季衣
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > インプリント ぼっけえ、きょうてえ