映画-Movie Walker > 作品を探す > アサルト13 要塞警察

アサルト13 要塞警察の画像

ジョン・カーペンター監督のデビュー作にして傑作と言われるアクション「要塞警察」のリメイク。謎の集団の襲撃された警察署での警官と犯罪者たちの必死の抵抗を描く。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 56
レビュー 1
投票 55
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 88% (15)
星4つ 82% (14)
星3つ 100% (17)
星2つ 52% (9)
星1つ 5% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

麻薬取引の潜入捜査をしていたローニック(イーサン・ホーク)は正体を見破られ、銃撃戦で仲間を二人失ってしまった。それから8ヶ月。ローニックはデトロイトで最も古い13分署で内勤についていた。警察の女性心理カウンセラー・アレックスは、ローニックが事件のショックから立ち直っていないことを見破っていた。大雪の降る大晦日。ローニックと古株のジャスパー、そして警察秘書のアイリスは、署で新年を迎えようとしていた。そこにアレックスもやってきた。一方、警官殺しの現行犯で逮捕された暗黒街の大物・ビショップ(ローレンス・フィッシュバーン)や他の犯罪者を乗せた護送車が、13分署に緊急避難することになった。すると、ビショップの子分と思われる者たちが署を襲ってきた。知らぬ間に武装した人間たちが周りを包囲している。電波も通じない。助けを求めて外に飛び出したローニックは脱出に失敗するが、包囲しているのが実は警官たちであることを知る。警察の汚職と深く関わっていたビショップが裁判で証言するのを防ぐため、ビショップを殺そうとしているのだ。それを知った以上、他の者も皆殺しにされる。ローニックはビショップや犯罪者たちにも協力を求め、生き残るために共闘を始めた。犯罪者と警官、お互いに反発を感じながらも共に戦う一同。しかし犠牲者は増えるばかりだ。やがてジャスパーのアイディアで一同は下水道から逃げ出すが、敵に包囲されてしまう。ジャスパーが裏切ったのだった。しかしビショップの咄嗟の機転で一同はその場から逃げ出すことに成功する。森の中での追跡。ついにビショップは黒幕のデュバルに捕われ、殺されそうになる。それを救ったのはローニックだった。自ら撃たれながらもデュバルを射殺したのだ。ローニックとお互い友情を感じ合いながらも森の彼方へと逃亡していくビショップ。やがて救助されたローニックだが、ビショップの行方については何も語らなかった。

見たい映画に
登録した人
12

作品データ

原題 Assault on Precinct 13
製作年 2005年
製作国 アメリカ
配給 角川ヘラルド・ピクチャーズ
上映時間 110
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ジェイク・ローニック イーサン・ホーク
マリオン・ビショップ ローレンス・フィッシュバーン
ベック ジョン・レグイザモ
アレックス・サビアン マリア・ベロ
スマイリー ジェフリー・“ジャ・ルール”・アトキンス
アイリス・フェリー ドレア・ド・マッテオ
ジャスパー・オーシェア ブライアン・デネヒー
マーカス・デュバル ガブリエル・バーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アサルト13 要塞警察