TOP > 映画作品を探す > 最後の航海

大洋定期客船の最後をヒューマンに描くアクション・ドラマ。製作・監督・脚本は「針なき時計」のアンドリュー・L・ストーン。撮影は「乱暴者」などのハル・モーア。出演は「翼に賭ける命」のロバート・スタックドロシー・マローンに、「ソロモンとシバの女王」のジョージ・サンダースのほか、エドモント・オブライエン、ウディ・ストロード、タミイ・マリヒューら。

5/5
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1959年9月、豪華客船クラリドン号が大洋を航行中、汽かん室に火災が起きた。1500人の船客はなにも知らなかった。火は消しとめられたが、火災の熱が汽かんの安全弁を溶かし、爆発は時間の問題となった。努力もむなしくついに大爆発が起こり、上層の床や天井を通して大きな穴があいた。その部屋のクリッフ・ヘンダスン(ロバート・スタック)とその妻ローリー(ドロシー・マローン)と幼い娘ジルは危険にさらされた。ローリーは脚を金属の破片で押さえられ、ジルはわずかに残された床の上で身動き出来なかった。船長ロバート・アダムス(ジョージ・サンダー)は沈着に判断し、2等機関士ウォルシュ(エドモンド・オブライエン)の忠告を退けて、船客に退船命令を出さず、事態を静観する方を選んだ。が、無電だけはしておいた。爆発の被害は意外に大きく、船体にひびが入っていて、侵入する海水は排水ポンプの力以上だった。船客の動揺は大きくなった。クリッフは妻子の救出につとめていた。乗務員たちは忙しく、一人でやるほかなかった。やっと娘を救い出した頃は、乗客たちの退船が始まっていた。彼は娘をボートに移し妻の元へ戻った。助けを求めて船中を駆け、やっと油差しのロースンとロッカンロールの助力を得た。船首は次第に傾いた。彼の船室にも海水が満ちた。妻の脚にのしかかった金属片は、3人の力でも動かなかった。救助船が着いた時、大煙突が倒れ、船長は下敷になって死んだ。船上に人影はなかった。クリッフはロースンと救助船からボンベを運び金属片を焼ききろうとした。海水が迫った時、やっと妻を助け出した。船尾から救命艇へ乗り移った直後、豪華を誇った海の女王は、見る見る海中へのまれていった。

作品データ

原題 The Last Voyage
製作年 1960年
製作国 アメリカ
配給 MGM
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 最後の航海