映画-Movie Walker > 作品を探す > ライム&リーズン

ライム&リーズンの画像

アメリカで一大ブームを巻き起こしたヒップホップシーンの真実を、様々なミュージシャンのインタビューとともに検証する。今は亡きトゥーパックらの貴重な映像も満載。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1997年。すでに音楽ジャンルを超えてあらゆるカルチャーの方面から、巨大なマーケットとして認知されていたヒップホップ。一大商業化されゆくそのヒップホップの真髄を、実際に現場で活躍する豪華アーティストたちが、生の声で語るドキュメンタリー・フィルム、それが本作「ライム&リーズン」だ。ブレイクダンス、グラフィティなど各エレメントの解説や、そのパイオニアたちを紹介してゆく。またそれとともに、ニューヨークからL.A.、ハウジング・プロジェクト(低所得者層住宅)からノース・ハリウッドの豪邸、ブロック・パーティーから業界コンベンション、純粋なクリエイティブ精神からセックス、ドラッグなど犯罪にまつわるギャングスタ・ラップまで、文化的、社会的側面からもヒップホップの本質を探る。登場するミュージシャンたちは、いずれも第一級の人物ばかり。ナズが彼の出身である低所得者住宅にてライムに込めた夢を語れば、女性シンガー、ローリン・ヒルが男性社会で生きる女性アーティストたちの声を代弁する。アイスTが、自らのギャング・ライフとドラッグの実情について語れば、Qティップは公園で、子供たちを囲みながら家族やヒップホップに託した自分の未来を語っていく。さらに、本作完成前後に相次いで凶弾に倒れたトゥパックとノトーリアスB.I.G.の貴重な肉声を収録し、アメリカ社会を生きる都市部の若者の現実を浮き彫りにする。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Rhyme and Reason
製作年 1997年
製作国 アメリカ
配給 ナウオンメディア
上映時間 91
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ライム&リーズン