バタフライ・エフェクト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バタフライ・エフェクト

2005年5月14日公開,113分
PG-12
  • 上映館を探す

全米初登場第1位を記録したSFサスペンス。過去を修正する能力を持つ青年が、自分と周囲の忌まわしい思い出の抹消に奔走する姿をスピーディに活写する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

日記に書かれた過去を修正する能力に覚醒したエヴァン。幼なじみの女性が自殺したことを知った彼は、その原因となる幼いころの出来事を抹消。だが、過去を変えたことで自身の人生も激変することに。

作品データ

原題
The Butterfly Effect
映倫区分
PG-12
製作年
2004年
製作国
アメリカ
配給
アートポート
上映時間
113分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.4
  • フジ三太郎

    3
    2018/1/22

    この映画そのものは、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」からインスパイアされたと思われるし、この映画を元に、フジ「プロポーズ大作戦」がドラマ化された。最近では、「君の名は。」も。
    米では、「12モンキーズ」がまさにこれ。
    「あちら立てればこちら立たず」な展開だけど、子ども時代の話は「スタンド・バイ・ミー」みたいな美しい話にして欲しかった。子ども時代の描写のエグさは「ミスティック・リバー」以上。それさえ何とかすれば、もう少し上品な傑作になれたと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • S

    5
    2016/2/16


    ここまで完成されていて、
    洗練された作品は久々
    …完成されたというよりも、
    完成していくような
    ストーリーの1つ1つが積み重なっている
    そんな感覚の作品

    だんだんと焦っていく主人公の気持ちも
    ラストシーンでの緊迫した決断も
    どれも完成形として素晴らしい

    この力のある、無力な主人公の
    一生懸命な行動に心奪われる。
    なによりも題名が素晴らしい絶賛の1本

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • mahmie

    2
    2014/4/25

    個人的にループ物は大好物です。
    ですがどうにも物足りなさばかり目立ちつまらなく感じました。
    特に中盤から後半そしてラストまでは駆け足で非常に見にくかったです。
    またその駆け足になる理由に、無駄な細切れのループを繰り返しすぎが原因かと。
    またそれによっていくつかのやり直しがあまり丁寧に作られていなかった様にも感じます。
    勿論、幾度と繰り返さないとラストまでの展開にこれしかなかったと思わせることが難しかったのかもしれないけど、一つ一つの話にしっかりとした重みをつけるか、やり直しにもうちょっときつく制約をつける事によって多少は出来たと思うし本当に雑でした。
    終盤にこの映画の冒頭に戻る所はハラハラしたものの、やはりこれも時間の関係かちゃちゃっと淡白に片付けすぎてすぐ冷めてしまいました。
    ただ闇雲にやり直し、盲目的に救済しようとするエヴァンに疑問を抱かざるを得ないし感情移入できない、このジャンルを使うならもうちょっと何とかなっただろうと言うのが正直な感想です。
    あえて良い所をあげるなら安直過ぎるまでの軽いノリのハッピーエンドにしてない所だけマシでした。(総合的に軽いなとは思いますが)
    あとその延長でレンタル版にあった2種類の違うエンディングは良くぞ使わなかった!と感心しました。
    オーディオコメンタリーで語ってる通りなのと、またこういうくだらんハッピーエンドか…と思わせない意味で正解!
    あわよくばむしろボツネタも見せる必要も無かったようにすら感じます。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告