映画-Movie Walker > 作品を探す > 甘い人生

甘い人生の画像

「誰にでも秘密がある」の韓流スター、イ・ビョンホン主演最新作。人を愛した事がない非情なビジネスマンの、生涯に一度の情熱的な恋のてん末を鮮烈に描出。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 339
レビュー 6
投票 333
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (207)
星4つ 27% (57)
星3つ 18% (38)
星2つ 9% (20)
星1つ 8% (17)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ソウルを一望できる優雅なスカイラウンジ。ここはソヌ(イ・ビョンホン)の城だ。7年かかってラウンジとレストランの総マネジャーであるこの地位までのぼりつめた。冷酷なほどに頭の切れる男ソヌは、表にも裏にも通るその手腕により、裏社会にも絶大な力を持つボスの信頼と寵愛を、一身に受けていた。ボスであるカン氏(キム・ヨンチョル)は、裏社会を牛耳る冷酷無比な男で、ある秘密を抱えていた。若い愛人、ヒス(シン・ミナ)のことだ。カン氏はヒスに他の男がいるのではないか、という考えに苛まされており、ソヌに彼女を監視させ、もし裏切りがあった場合には殺せ、もしくは自分に連絡しろと命じる。数日間の監視のあと、ソヌはカン氏の命令を携え、ヒスと男のいる部屋に押し入った。することは明白だ。彼らを殺すか、携帯電話で出張中のカン氏へ報告するだけだ。しかし、なぜかソヌは自分でも分からない想いに突き動かされ「二度と会うな。何もなかったことにすれば問題はない」と、男を追い出す。ヒスを見ると、ヒスは瞳を涙を濡らし「何もなかったことになんて、あなただったら出来るんですか?」と、まっすぐにソヌを見つめ返してくる。ソヌは全てを元通りにできると思っていたのだ。しかし、ふと我にかえり、自分のしたことに驚いてヒスに詰め寄る。「なぜ自分はボスを裏切るようなことを。自分のためでもないし、勿論あの男のためでもない」。するとヒスが言う。「私のためですか?」。そして、この時のソヌの決断は、対立する勢力に加えて、かつての仲間たちをも敵にまわし、取り返しのつかない抗争の渦へと、破滅への道へと彼を陥れていくのだった。

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

原題 A Bitter Sweet Life
製作年 2004年
製作国 韓国
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

レビュー

映画「甘い人生」

投稿者:刹那

(投稿日:2011/05/20)

人生頭では分かっていても、どうしようもない行動を取ってしまう…

[続きを読む]

支持者:0人

美しい存在感

投稿者:ももちゃん0930

(投稿日:2007/08/13)

主演の「イ・ビョンホン」の所作や表情が美しいです。アジアの俳…

[続きを読む]

支持者:1人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 甘い人生