映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・キーパー [監禁]

ザ・キーパー [監禁]の画像

デニス・ホッパー主演の官能サスペンス。ストリッパーを自宅に監禁し、彼女に歪んだ愛を注ぐ刑事の姿を描く。アーシア・アルジェントが中年警官を惑わす妖艶なストリッパーに。

2/5
[?]評価方法について
総評価数 4
レビュー 0
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (2)
星1つ 50% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

数々の補導歴を持つストリッパーのジーナ(アーシア・アルジェント)は、堕落した生活を送りながら、今夜も舞台で妖艶な肢体をさらしていた。ショーが終わり、恋人と入ったモーテルの一室。そこへ突如侵入した暴漢に彼は殺害され、ジーナは間一髪のところで助けられる。しかし、犯人は逃亡。彼女を保護した若く熱心な巡査バーンズ(ロックリン・マンロー)は、犯人逮捕を決意、徹底捜査を始める。上司であるクレブス警部補(デニス・ホッパー)は、事情聴取を終え、帰路につくジーナをバス停まで愛車で送ることを申し出る。しかし、車中でクレブスは一変。ジーナを連れ去り、郊外にある自宅の地下室に設置された檻に、監禁する。腐敗し、堕落しきったジーナの生活と精神を改めるため、彼女を管理し、教育すること。それがクレブスの望みだった。幼い頃から、厳格な両親に厳しい躾を受けた彼は、自分が受けた教育同様、良い行いにはポイントを、悪い行いには罰と減点を与え、ポイントをためることでシャワーや食事を許すと言う。始めは反抗したジーナだったが、やがてクレブスの言うことに従い、檻の中にいながらも平穏な生活を手に入れていく。一方でクレブスは、ボランティアとして子供たちの前で人形劇を行い、誰からも慕われる道徳的で敬愛すべき警官という表の顔を持っていた。人形劇の主人公、麻薬を取り締まるヒーロー「ロック保安官」は、子供たちに大人気。それに目をつけたTVプロデューサーのルーシー(ヘレン・シェイヴァー)は、「ロック保安官」をTV放映して、人気番組にしようとクレブスに接触する。クレブスに偏執的な好意をよせるルーシーは、その気のない彼に、まるでストーカーのように付きまとうようになる。そんな中、さらに別のストリッパーが殺害される事件が起きる。いまだ犯人を逮捕できないバーンズは、ジーナの件と同一犯の仕業と推理する。もう一度ジーナに会って重要な証言を得たいのだが、彼女の行方がわからない。バーンズは、ジーナ探しに奔走する。一方、従順な監禁生活を続けるジーナは、徐々にクレブスの信頼を獲得し、彼の監視下ではあるが檻から出ての食事を許されるなど、歪んだ絆を育んでいた……。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 The Keeper
製作年 2004年
製作国 カナダ イギリス
配給 クリエイティブアクザ
上映時間 91
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・キーパー [監禁]