映画-Movie Walker > 作品を探す > 生命(いのち) 希望の贈り物

生命(いのち) 希望の贈り物の画像

台湾ドキュメンタリー界の重鎮、ウー・イフォン監督作。'99年の台湾大震災で、家族や兄弟を失った被災者たちが抱える喪失感や悲しみから、“生きることとはなんなのか?”を問う。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 100% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1999年9月21日に、台湾全土を襲った台湾大震災。マグニチュード7.3の激震がもたらしたのは、2500人以上の行方不明者と死者だった。土砂葉容赦なく家屋を飲み込み、緑溢れる九 二山は一晩にしてあとかたもなく土にかえってしまった家族や家族の遺品が見つかるのでは? 南投県・國姓郷・九 二山被災者収容センターに寝泊りし、人々はがれきの山1に通い続ける。3週間たっでも家族は見つからない。あてどもなく、ブルドーザーが掘り起こしては出てくる遺品らしきものに一縷の望みを託し待つ遺族たち。日本に働きに行っていた藩順義・張美琴夫妻はすぐ台湾へ帰国、美琴の兄・張國揚、呉玉梅夫妻と共にうずもれた家族を探す。49日を過ぎ捜索が打ち切られ、周明純・明芳姉妹は家族を見つけることができず暦分二山から離れる。一家のほとんどが帰らぬ人となった羅侃如も親族の捜索を10日間延長してもらうが、見つけることができなかった。突然家族を失うという大きな喪失感を抱えながら、どうやって人は暮らすことができるのか?

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Gift of Life
製作年 2003年
製作国 台湾
配給 シネマトリックス
上映時間 148
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 生命(いのち) 希望の贈り物