映画-Movie Walker > 作品を探す > アカルイミライ

アカルイミライの画像

人気若手俳優オダギリジョーと浅野忠信黒沢清監督作に初出演。若者2人と中年男の世代間の葛藤や心の触れ合いを通して、それぞれの“未来”を探求した異色青春ドラマだ。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 41
レビュー 5
投票 36
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 56% (9)
星4つ 100% (16)
星3つ 68% (11)
星2つ 25% (4)
星1つ 6% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

他人とうまく関わり合えない青年・雄二。ある夜、彼が唯一心を許せる同僚の守が、勤務先の工場長夫婦を殺害した。刑務所へ面会に訪れる雄二に対して、彼に譲ったペットのアカクラゲのことばかり、守は気にかける。苛立つ雄二は水槽をひっくり返してしまうが、クラゲはそのまま床下に流れ去っていく。それからしばらく後、雄二にだけ分かる“行け”のサインを残して、獄中で守が自殺した。彼の死後、守の父親・真一郎が営む小さなリサイクル工場に身を寄せることになった雄二は、仕事の手伝いのかたわら、東京のどこかで生きているだろうクラゲのために、川に餌を撒きつづけた。しかし、真一郎には雄二の行動が理解しがたい。分かり合えない二人は喧嘩し、自棄になって工場を飛び出した雄二は、深夜のゲームセンターで知り合った高校生たちと、妹の夫・高木の会社に押し入ってしまう。だが、警報装置の通報によって高校生たちは警察に捕まり、ひとり逃げ延びた雄二は、再び真一郎の世話になる。その頃、テレビでは川に発生したクラゲの大群のニュースを報じていた。いつの間にか、クラゲは東京の水に順応していた。それを目の当たりにした真一郎は、クラゲを追って川の中に入ってゆく。数日後、雄二が去った工場で、真一郎が黙々と作業を続けている。街には、暇を持て余した高校生たちが、どこかに向かって力強く歩き出していた。

見たい映画に
登録した人
27

作品データ

製作年 2002年
製作国 日本
配給 アップリンク
上映時間 115
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 黒沢清
製作総指揮 浅井隆小田原雅文酒匂暢彦高原建二
プロデューサー 浅井隆野下はるみ岩瀬貞行
アソシエイト・プロデューサー 藤本款
脚本 黒沢清
企画協力 黒沢弘美芝田和子
撮影 柴主高秀
DV撮影 森下彰三
ビジュアルエフェクト 浅野秀二
音楽 パシフィック231
音楽制作 三宅治子
主題歌 THE BACK HORN
美術 原田恭明
編集 黒沢清
録音 郡弘道
スチール 黒田光一
音響効果 齋藤昌利
助監督 久保朝洋
テクニカル・スーパーバイザー 森澤克彦兼山錦二
装飾 三浦伸一佐藤信夫
ラインプロデューサー 椋樹弘尚
衣裳 北村道子
製作担当 武石宏登
特殊造型 梅沢壮一

キャスト

仁村雄二 オダギリ ジョー
有田守 浅野忠信
有田真一郎 藤竜也
藤原耕太 笹野高史
藤原冴子 白石マル美
藤原カオリ 小南千明
仁村美穂 小山田サユリ
高木ケン はなわ
有田冬樹 加瀬亮
軽部 りょう
森下能幸
ケイ 沢木哲
シン 笠原秀幸
永井有司
洋一 三嶋啓介
邦彦 渡辺琢磨
マサ 吉永雄紀
ジュン 松山ケンイチ
弁当屋のおばさん 井上裕季子
リサイクル店の社長 佐藤佐吉
道路工事の上司 塩山義高
テレビのアナウンサー 伊藤英敏
三島裕
遠藤直樹
園部貴一
渡辺弦
河西雪絵
古市和史
川原京

レビュー

『アカルイミライ』評

投稿者:ブルーインブルー

(投稿日:2011/07/19)

蓮實重彦が雑誌「ユリイカ」で、黒沢清の『アカルイミライ』につ…

[続きを読む]

支持者:1人

相容れないミライ

投稿者:ちゃとと

(投稿日:2007/09/29)

「ワケ分かんねー、クライ」と言われることの多い、黒沢清監督作…

[続きを読む]

支持者:2人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アカルイミライ