スパニッシュ・アパートメント|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スパニッシュ・アパートメント

2004年4月3日公開,122分
  • 上映館を探す

留学生の1年間を見つめた青春映画。異国の学生に囲まれ、出会いや失恋を体験する主人公の心の成長を、「猫が行方不明」のセドリック・クラピッシュ監督が生き生きと描き出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

恋人をパリに残してバルセロナに留学した青年グザヴィエ。彼は現地で、国籍の異なる5人の若者に迎えられる。仲間との楽しい時間や遠距離恋愛の破局、ルームメイトの浮気騒動を経て、彼は人生の歩むべき道を悟る。

作品データ

原題
L'auberge espagnole
製作年
2001年
製作国
フランス スペイン
配給
フォックス
上映時間
122分

[c]2003 TWENTITH CENTURY FOX [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3
  • ムム

    5
    2012/2/12

    高校を卒業したあとあたりから、急に世界が広がった、
    もしくは外の世界へ飛び出したくなった人って
    多いと思うのですが、自分の将来を本気で切り開いていかなくなって、
    迷いや悩みが生じたとき、ぜひこれを観てください!

    ひとつのアパートで、様々な人種の人と共同生活。
    各人種の特徴も差別ではなく面白く描かれていて、
    さらにレズビアンといった性までもさまざま。
    こんな仲間たちと出会いたいなあ。

    自分の知らない人たちとふれあうことで、
    一気に世界がひろがる。
    それは同時に人間として成長していくのと同じこと。

    それまで自分にとって大きな問題だったことでも、
    意識が変わるだけで「なんだ、こんなことで悩んでたのか」
    と思えるような、自由にあふれた、解放感100%の映画です。
    これを観れば、背中を押されて、一歩前へ進めるはず。
    悩みがない人は、とにかくどこか異国へ行きたくなるはず!

    ロマン・デュリス演じるグザヴィエが、
    バカで真面目で性欲いっぱいで笑えます。
    アメリで有名になる前のオドレイが恋人役なところにも注目。
    そしてグザヴィエがもの思うとき、
    しんみりした場面で流れるradioheadを聞き逃しなく!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • がっくん

    0
    2009/10/5

    スペインに留学(遊学?)していたときのことを思い出しました。

    各国それぞれの人間が「いるいる」という感じで、大げさなようだけど結構リアル。
    英語やスペイン語(カステジャーノ&カタラン)を喋るときの訛り方も違っていて楽しい。

    出身国ごとに、ちょっとずつ感じ方が違うんだけど、同じような「若者特有」の悩みを抱えていて、共感できる部分もある。
    そんな人間たちが集まったときのエネルギーみたいなものを感じられる映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • YUKO

    4
    2009/5/24

    ずっとアメリカ映画と思ってました!

    これからフランス語習う私にとってはありがたい作品でした!

    まずはヒアリングからww


    でもホントおもしろい!
    いろんな国の人たちとシェアするのはホント刺激あるものです!
    英語字幕でがんばってみましたがやはりフランス語はちんぷんかんぷんでしたwww

    でもいろんな国の英語のナマリは勉強になった!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告