映画-Movie Walker > 作品を探す > スパニッシュ・アパートメント

スパニッシュ・アパートメントの画像

留学生の1年間を見つめた青春映画。異国の学生に囲まれ、出会いや失恋を体験する主人公の心の成長を、「猫が行方不明」のセドリック・クラピッシュ監督が生き生きと描き出す。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 79
レビュー 5
投票 74
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (41)
星4つ 56% (23)
星3つ 26% (11)
星2つ 7% (3)
星1つ 2% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

パリで暮らす大学生グザヴィエ(ロマン・デュリス)は、卒業を来年に控えた25歳。父親のコネを使って面会した役所の大物の勧めに従い、就職の内定を確実にするため、スペインのバルセロナへ留学することに。始めは母親に紹介されたアパートへ向かうが、環境が悪かったため、空港で知り合った神経科医のジャン・ミッシェル(グザヴィエ・ド・ギユボン)の部屋に宿泊しつつ、アパートを探す。ついにグザヴィエが見つけたのは、イタリア人のアレッサンドロ(フェデリコ・ダナ)、ドイツ人のトビアス(バーナビー・メッチュラート)、デンマーク人のラース(クリスチャン・パグ)、イギリス人のウェンディ(ケリー・ライリー)、スペイン人のソレダ(クリスティナ・ブロンド)が、共同で暮らすアパート。そこにグザヴィエが大学で知り合ったベルギー出身の女子学生イザベル(セシル・ド・フランス)も加わり、賑やかな生活が始まる。グザヴィエにはパリ在住の恋人マルティーヌ(オドレイ・トトゥ)がいたが、イザベルに心惹かれる。しかし彼女はレズビアン。がっかりするグザヴィエだったが、一方、ジャン・ミッシェルの妻であるアンヌ・ソフィ(ジュディット・ゴドレーシュ)と不倫の関係を持つ。やがてウェンディの無知な弟ウィリアム(ケヴィン・ビショップ)がアパートにやって来て、皆の反感を買ったり。グザヴィエはマルティーヌから電話で別れ話を告げられ、あっという間の1年が終わる。パリへ帰国したグザヴィエは、心に大きな変化が起きていた。そして役所への出勤初日に、建物から飛び出し、作家になるという夢に向かって走り出していくのだった。

見たい映画に
登録した人
15

作品データ

原題 L'auberge espagnole
製作年 2001年
製作国 フランス スペイン
配給 フォックス
上映時間 122
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

悩める青年たちへ!

投稿者:ムム

(投稿日:2012/02/12)

高校を卒業したあとあたりから、急に世界が広がった、 もしく…

[続きを読む]

支持者:4人

これってフランス映画だったのね

投稿者:YUKO

(投稿日:2009/05/24)

ずっとアメリカ映画と思ってました! これからフランス語…

[続きを読む]

支持者:2人

『スパニッシュ・アパートメント』(3作品)

ニューヨークの巴里夫(パリジャン)
ニューヨークの巴里夫(パリジャン) (2014年12月6日公開)

離婚を言い渡された男が妻子を追ってNYへ向かう大人の恋物語

ロシアン・ドールズ
ロシアン・ドールズ (2006年5月20日公開)

ロマン・デュリスら出演、「スパニッシュ・アパートメント」の続編

スパニッシュ・アパートメント
スパニッシュ・アパートメント (2004年4月3日公開)

「猫が行方不明」の監督による青春エンタテインメント

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > スパニッシュ・アパートメント

ムービーウォーカー 上へ戻る