映画-Movie Walker > 作品を探す > サーカスの世界

「ローマ帝国の滅亡」のフィリップ・ヨーダンと「北京の55日」のニコラス・レイの共同オリジナル・ストーリーを、ベン・ヘクトジュリアン・ヘルヴィジェームズ・エドワード・グラントらが共同で脚色、「西部開拓史」のヘンリー・ハサウェイが演出したサーカスドラマ。撮影は「北京の55日」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「ローマ帝国の滅亡」のディミトリ・ティオムキンが担当した。出演は「マクリントック」のジョン・ウェイン、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「コルドラへの道」のリタ・ヘイワース、TV「ララミー牧場」のジョン・スミス、「スーザンの恋」のロイド・ノーラン、「オーシャンと十一人の仲間」のリチャード・コンテ、ほかに猛獣調教師のアアンリ・ダンテスや有名サーカス団の協力がある。製作は「ローマ帝国の滅亡」のサミュエル・ブロンストン

3/5
[?]評価方法について
総評価数 5
レビュー 1
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 50% (1)
星3つ 100% (2)
星2つ 50% (1)
星1つ 50% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

19世紀のサーカス黄金時代。マット(ジョン・ウェイン)はアメリカ最大のサーカス団を持っている。14年前、仲間のアルフレッドが墜死したが、それは空中曲芸をやる妻のリリー(リタ・ヘイワース)がある男との仲を悩んで心が動揺したためだったという噂があった。リリーは娘のトニ(クラウディア・カルディナーレ)をマットに託し姿を消した。今はトニも成長し、一座のスティーヴ(ジョン・スミス)と恋を語るほどだった。マットはヨーロッパ巡業に旅立った。リリーを探すのも目的の1つだった。ところが、船旅を終えたある港で大事故が起こり、船は転覆、マット一座はほとんどを失った。マットはヨーロッパでの再起を決意、3流サーサスでウェスタン・ショウをやることにした。パリの興行では大成功を収め、マットは芸人のスカウトをはじめた。ベルリンのあるサーカスでアルフレッドの弟アルドと会い、仲間にもどした。彼の助言で、マットはついにリリーを見つけ、トニへの告白をするようすすめた。だがリリーは名前をかえ、1人の芸人としてサーカスにかえって来た。トニはもちろん気づかない。サーカスは大きくなった。あるドレスリハーサルの朝、何者かの細工で、トニは自分の母のことを知らされ、怒って出て行った。そのとき、どうしたわけか天幕が燃えだした。延焼を防ぐため、天幕を切り離さなければならない。リリーは炎にのまれながら類焼を防ぎ、いつのまにか帰って来たトニも一生懸命に消火につとめた。大部分が焼け、リリーの火傷の手当てに精をだすトニに、憎しみは見られなかった。大天幕とともに燃えてしまったのだった。その夜のうちにサーカスは幕をあけ、リリーとトニの演技は華やかに展開していった。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Circus World
製作年 1964年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

これはスペクタクル映画だ!

投稿者:ヤンマ

(投稿日:2009/09/25)

これは、『タイタニック』と『地上最大のショー』を足して、2で…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > サーカスの世界