TOP > 上映中の映画作品を探す > 鏡地獄

いまだかつて誰もメガホンを取らなかった4つの乱歩作品を実写化した「乱歩地獄」の中の1話。監督は「D坂の殺人事件」以来、7年ぶりに江戸川乱歩作品を手掛けるベテラン・実相寺昭雄。出演は日本映画界をリードする浅野忠信、今最も期待される新鋭俳優・成宮寛貴ら。

3/5
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (1)
星3つ 25% (2)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
0

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

鎌倉。探偵の明智小五郎(浅野忠信)は、療養中の妻・文代がいるこの地で起こった、ひとつの怪事件に興味を持つ。青桐庵の茶席で、遠州流の師範である山科小夜子が変死したのだ。続いて、その茶席に出席していた篠宮治美も変死。事件の現場には、必ず和鏡が置いてあった。それを製造したのは、高級文具を取り扱う『河善』という古い店の当主、齋透(成宮寛貴)。ぞっとするほど美しい容姿を持ったこの青年に、関わった女はみんな虜になっていく。彼は小夜子とも治美とも肉体関係を持っていた。明智は透のもとを訪ねる。そこには鏡作りの魅力に取り憑かれている透の姿があった。

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 鏡地獄