映画-Movie Walker > 作品を探す > あした元気にな~れ! 半分のさつまいも

あした元気にな~れ! 半分のさつまいもの画像

落語家・林家三平一家を束ねる肝っ玉かあさんとして有名なエッセイスト、海老名香葉子の実体験をアニメ化。戦争で家族を失いながらも、懸命に生きる少女の姿を描く。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (1)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

かよ子(声:上戸彩)の家は、東京の下町、昔の住所でいえば本所区立川にあった。家の屋号は「竿忠」といい、父(林家こぶ平)は釣り竿作りの職人で、母、祖母、4人の兄弟、一家7人で暮らしていた。戦局がきびしくなり、かよ子は沼津の静江叔母さんの家に縁故疎開する。米軍の29による本土空襲は本格的になり、昭和20年3月9日未明、後に「東京大空襲」とよばれる空襲で東京の下町一帯は火の海となった。家族の無事を祈っていたかよ子の元にやって来た兄の喜三郎(うえだゆうじ)は、衝撃的な事実を伝える。喜三郎以外の家族全員が亡くなったのだ。昭和20年8月15日、終戦。かよ子は静江叔母さんの元を離れ、東京中野の菊重伯母さんの家で新しい生活を始める。たった一人の家族となった喜三郎は、伯母夫婦と折り合いがつかず、行方知れずの状態に。かよ子にとっても中野の家は、決して居心地のよいものではなかった。5才のゆりちゃんの面倒をみ、家事を手伝い、時には「買出し」に行くこともある。小さなかよ子には過酷なものだったが、「いつか兄ちゃんと会える」という夢が、心の大きな支えになった。その頃喜三郎は、下町浅草にいた。浅草寺の瓢箪池のまわりに立ち並ぶ闇市の一角に小さな店を出して、同じ境遇の戦災孤児仲間と商売をして、生活の糧を得ていた。しかし、非力な子どもたちに対して闇市の組合は卑劣な圧力をかけてくる。かよ子は必死に喜三郎を探すが、なかなか出会うことが出来ない。いつしか家族と住んでいた立川に来たかよ子だが、かつてお客さんで賑わっていた〈竿忠〉は瓦礫の山になっていた。「ただいま、父ちゃん! ただいま、母ちゃん!」と叫ぶが、返ってくる声はない。悲しさが胸を締めつけ、涙がとどめなくかよ子の頬を流れる。かよ子のなかで、「兄ちゃんがここを継いでくれればいいんだ。ここで一緒に暮らせばいいんだ」という思いが生まれる。ところがある日、〈竿忠〉の跡地を売渡すという伯母夫婦の話を聞いてしまう。かよ子は一大決心をして、伯母の家を出ることにする。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 「あした元気にな~れ!」全国配給委員会
上映時間 90
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 中田新一竹内啓雄
プロデューサー 綾部昌徳
原作 海老名香葉子
脚本 中田新一竹内啓雄
撮影 桑良人
キャラクター・デザイン 湖川友謙
音楽 川崎真弘
その他 中田新一浅利義美林明日香湖川友謙

キャスト

語り 吉永小百合
中根かよ子 上戸彩
中根喜三郎 うえだゆうじ
島本達吉 山口勝平
復員兵 森川智行
父ちゃん 林家こぶ平
大兄ちゃん 林家いっ平
大沢亀蔵 橘屋円太郎
大沢和重 雨蘭咲木子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > あした元気にな~れ! 半分のさつまいも