映画-Movie Walker > 作品を探す > 阿賀の記憶

阿賀の記憶の画像

新潟県に流れる阿賀野川のほとりで暮らす人々を3年間にわたってとらえた「阿賀に生きる」の続編となるドキュメンタリー。前作から10年後となる現在の姿を美しい映像とともにつづる。

この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

潟県・阿賀野川。佐藤真監督がかつて撮り上げた「阿賀に生きる」は、水俣病の発生地域でもあるこの川筋に生きる人々の暮らしぶりを、3年間にわたって一緒に共同生活を送りながら見つめ続けたドキュメンタリーである。それから10年、佐藤監督は小林茂カメラマンとともに再び阿賀の地へと戻ってくる。10年前、すでに高齢だった登場人物たちの多くがこの世を去ってしまっていた。カメラは、そんな耕す者のいなくなった田んぼや、主のいない囲炉裏など、この10年間の時の流れの痕跡を静かに映し出し、人と土地、そして映画をめぐる記憶を詩的に綴ってゆく。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 カサマフィルム
上映時間 55
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 佐藤真
プロデューサー 矢田部吉彦
撮影 小林茂
音楽 経麻朗
編集 秦岳志
録音 菊池信之
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 阿賀の記憶