映画-Movie Walker > 作品を探す > female 「太陽の見える場所まで」

「Jam Films」シリーズ第4弾”女性”をテーマとした「female フィーメイル」の中の1作。女の気持ちをあっけらかんと描く室井佑月の原作を「ヴァイブレータ」の廣木隆一が監督。出演は「いま、会いにゆきます」の大塚ちひろら。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

深夜、熟女ホステスのマチコ(石井苗子)がタクシーに乗り込むやいなや、助手席に隠れていた若い女(大塚ちひろ)が顔を出し、「こんばんは、ゴートーです」とナイフを突き出す。女性運転手の佳代(片桐はいり)もすでに売上金の2万円をとられていた。マチコと日出美の乱闘が車内で勃発。そのうち、明日までに100万円いるという日出美の事情が見えてくる。ホストに入れ込んだ挙句のことだ。マチコも佳代もそれぞれに抱えている事情を吐き出し、「私を殺して」の大合唱に。そして日出美が突然アクセルを踏みつけ、車は車道をそれて激しく衝突。次の瞬間、太陽の光が降り注ぐ浜辺で『天使の誘惑』をフリ付きで歌い踊る3人の運命は?

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 東芝エンタテインメント
上映時間 20
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 廣木隆一
原作 室井佑月

キャスト

日出美 大塚ちひろ
マチコ 石井苗子
佳代 片桐はいり
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > female 「太陽の見える場所まで」