映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲキ×シネ 髑髏城の七人(アオドクロ)

ゲキ×シネ 髑髏城の七人(アオドクロ)の画像

昨年秋、日生劇場で上演され4万人を動員した大ヒット舞台が、ライブ感たっぷりの映像で再生。劇団☆新感線ならではの歌あり、踊りありのど派手なステージが繰り広げられる。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 20
レビュー 1
投票 19
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (16)
星4つ 18% (3)
星3つ 6% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

時に天正十八年、織田信長が逆臣の手にかかり、はや八年。 天下統一は浪速の猿面冠者-豊臣秀吉の手でなされようとしていた。ただし、唯一関東を除いては。関東の大平野に忽然とそびえる漆黒の城、“髑髏城”。黒甲冑の武装集団“関東髑髏党”の首魁は、自らを“天魔王”と名乗る仮面の魔人だった。天下統一を狙う秀吉の最後にして最大の敵となった天魔王。そして風雲急を告げる関東荒野に、奇しき縁にあやつられ集まる者たちがいた。髑髏党に追われる沙霧(鈴木杏)を行きがかりから助けた謎の牢人狸穴二郎衛門(ラサール石井)と玉ころがしの捨之介(市川染五郎)は、“女を隠すには女の中”と色街無界の里へ向かう。色街では無界屋の極楽太夫(高田聖子)をめぐって馴染み客の関八州荒武者隊を名乗る荒くれ者たち・こぶしの忠馬(佐藤アツヒロ)、水無月才蔵(川原和久)、小田切渡京(粟根まこと)が捨之介と小競り合いを繰り広げていた。仲裁に入った主人・無界屋蘭兵衛(池内博之)は、昔馴染みの捨之介に気がつく。そこに沙霧を追う髑髏党の幹部・鋼の鬼龍丸(高杉亘)が居所を嗅ぎ付け無界屋に襲撃をかける。騒然となった無界屋に突然現れた天魔王により、捨之介と蘭兵衛たちの封印された過去が明らかになる。そして二人の過去を知る謎の刀鍛冶(三宅弘城)とともに、捨之介たちは天魔王に立ち向かうべく髑髏城へと乗り込んでゆく。

見たい映画に
登録した人
6

作品データ

製作年 2005年
製作国 日本
配給 ティ・ジョイ
上映時間 203
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

アカドクロよりも好きですw

投稿者:まこと

(投稿日:2012/12/09)

アカドクロに続くゲキ×シネ第二弾 僕にとってはゲキ×シネ5…

[続きを読む]

支持者:0人

『ゲキ×シネ』(15作品)

ゲキ×シネ「乱鶯」
ゲキ×シネ「乱鶯」 (2017年4月15日公開)

いのうえひでのり率いる劇団☆新感線による2016年の舞台「乱鶯」を映像化

ゲキ×シネ「蒼の乱」
ゲキ×シネ「蒼の乱」 (2015年5月9日公開)

劇団☆新感線の舞台を劇場で上映する『ゲキ×シネ』シリーズ第13弾

ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」
ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」 (2015年4月11日公開)

ゲキ×シネの原点となった03年上演の市川染五郎主演の人気作のデジタルリマスター版

ゲキ×シネ ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII
ゲキ×シネ ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII (2014年3月29日公開)

劇団☆新感線の人気舞台「五右衛門ロック」シリーズ第3弾を映画館で上映

  • ゲキ×シネ シレンとラギ (2013年10月5日公開)

    藤原竜也×永作博美主演の舞台映像を上映、独裁者の暗殺を命じられた主人公の姿を描く

  • ゲキ×シネ 蛮幽鬼 (2010年10月2日公開)

    劇団☆新感線に、上川隆也、堺雅人らを加え豪華出演者が集結した舞台映像を上映

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゲキ×シネ 髑髏城の七人(アオドクロ)