映画-Movie Walker > 作品を探す > ゴーストシャウト

ゴーストシャウトの画像

人間を困らせる幽霊と交渉し、成仏させる“交渉人”の奔走を描くファンタジー。映画初主演となる新星・滝沢沙織をはじめ、高橋克典、玉木宏ら多彩な顔ぶれも魅力だ。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 6
レビュー 0
投票 6
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (5)
星2つ 20% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

八王子にある星陵音楽大学のチャペルで、女性歌手のつぐみ(高樹マリア)がリハーサルをしている。この大学の卒業生でもあるつぐみは、学長夫妻の結婚35周年を祝う〈ひすい・さんご婚式〉で『恋のバカンス』を歌うのだ。つぐみの歌に重なるように、どこからかクラシック調の歌声が響いてくる。そしてチャペルの天井近くにドレス姿の女性(南野陽子)がぼんやりと出現! その女性はつぐみの叫びもお構いなく、朗々と『恋のバカンス』を歌い上げるのだった…。下界に現れた幽霊と交渉して成仏させるゴーストネゴシエイターのヨウコ(滝沢沙織)は、今日でこの因果な仕事から足を洗うつもりでいた。このハードな仕事を辞めて普通の生活を送りたいと願ってきた彼女は、遂に恋人に巡りあい、今日のデートでプロポーズをしてもらえそうなのだ。結婚したら2人で豆腐屋を開くのがヨウコの夢だった。遊園地のお化け屋敷で骸骨に扮している柳田(井澤健)は、骸骨としては客に笑われるだけだが、客にとりついている霊を指摘しては震え上がらせ、遂にクビになってしまう。そんな柳田に目をつけたのが、同じ遊園地で着ぐるみのアルバイトをしていた中年男、外古葉だった。外古葉の本業は「外古葉超常現象相談所」の社長で、ヨウコを含めたゴーストネゴシエイターたちの雇い主だ。彼はさっそく柳田をスカウトする。台所に幽霊が現れるという新婚夫婦の家に行き、みごとに霊魂を説得して成仏させたヨウコは、恋人の俊雄(永井大)とのデートにいそいそと出かけていく。その直後、事務所に星陵音楽大学からの依頼の電話が。外古葉社長は柳田をヨウコのデート場所に向かわせ、2人で八王子に行くよう指令を出す。ヨウコの恋人の俊雄は、実は歌手のつぐみの元マネージャーであり、つぐみは今も彼に頼りきりで八王子からSOSの電話をかけてくるが、俊雄は冷たく電話を切ってしまう。ヨウコは俊雄に職業はスチュワーデスと偽っていて、俊雄の前では普段の乱暴さは微塵も見せず、おしとやかなお嬢様タイプで通していた。そこに柳田が現れ、ヨウコは「退職金もたっぷり出す」という外古葉の言葉に魅かれ、俊雄を残して柳田と八王子に向かう。チャペルに現れた女性クラシック歌手は、矢田部愛子という星陵大学の卒業生であることがわかる。将来を嘱望された声楽家だったが、婚約者の裏切りによって心身を壊し、若くして亡くなったのだ。その死後、彼女の歌が入ったレコードを聞いた者は、石像になってしまうという。学部長はすでに石像に変わってしまい、以後も彼女の歌声を聞いた者は、次々に妙な踊りを躍っては石像に変わっていくのだった。俊雄のもとに再び電話がかかり、つぐみをなだめるために彼も八王子に向かうことになる。ちょうど上京してきた母親(川島なお美)も同行。その間にも、ヨウコと柳田は矢田部愛子の霊を説得するため、生前の彼女について探る。果たして彼らは愛子の霊を無事に成仏させることができるのだろうか。ヨウコは望み通りゴーストネゴシエイターを引退して俊雄と結婚し、豆腐屋を繁盛させられるのだろうか?

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 東京テアトル
上映時間 103
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 塚本連平
製作 早河洋川村龍夫松下晴彦
プロデューサー 榎本憲男遠田孝一
原作 EN佐々木充郭
脚本 EN佐々木充郭
企画 谷口元一木村純一東城祐司
撮影 柳田裕男
音楽 仲西匡
美術 稲垣尚夫
照明 礒野雅宏
その他 Heartsdales

キャスト

榊ヨウコ 滝沢沙織
柳田浩司 井澤健
元木俊雄 永井大
美空つぐみ 高樹マリア
矢田部愛子 南野陽子
坂口健太 藤村俊二
元木の母 川島なお美
時田君 はなわ
若夫婦(夫) 高橋克典
若夫婦(妻) 三浦理恵子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ゴーストシャウト