映画-Movie Walker > 作品を探す > マインド・ゲーム

マインド・ゲームの画像

「アニマトリックス」のSTUDIO4℃製作による話題のアニメ。2D、3Dの映像に、声優を務めた今田耕司らの実写を織り交ぜたイマジネーション豊かな世界観は圧巻!

4/5
[?]評価方法について
総評価数 29
レビュー 0
投票 29
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (14)
星4つ 57% (8)
星3つ 28% (4)
星2つ 14% (2)
星1つ 7% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

列車に乗っていた西(声:今田耕司)の目の前に飛び込んできた、初恋の女の子みょん(前田沙耶香)。二人は再会を喜び、彼女は姉のヤン(たくませいこ)と共に営んでいる焼き鳥屋へ招待する。久方ぶりのみょんのオヤジ(坂田利夫)に彼女のフィアンセ、りょう(山口智充)も紹介され、結婚相手が自分ではないことを実感する西。しかしそこに現われた借金取りが、全ての状況を一変させた。みょんのオヤジは借金のみならず、サラ金に勤める若い女の子と同棲しており、取り立て屋のヤクザはまだしも、その手下でかつてJリーガーを目指していたアツ(中條健一)の尋常ならぬ怒りを買っていたのだ。復讐に燃えるアツは遂に爆発し、ピストルを持ち出した。ビビリ続けた西はずっと好きだった女の子さえ助けられぬまま、ケツに銃を突っ込まれ、あまりにもカッコ悪い死に方をしてしまう。黄泉の世界で自分のぶざまな死に様を見せつけられた西は、「もうおわり、君、そこんとこまっすぐ、ま~っすぐ歩いていき。そのうち消えるから」という神様に逆らい、反対の方向に全力で走り出す。「俺は戻る。なによりも力強く、まっすぐと、のびのびと、楽しく、活き活きと、すべての力でやってみるぅー!」すると一時は消えかけた身体も復活し、遂には現世へと戻るチャンスを与えられる。神様はいう。「やってみ、信じてやってみい」最悪の瀬戸際ではあったが、西は見事にリスタート成功。ヤクザの車を奪い、みょんとヤンと共に逃走する。しかし、やくざのボス(島木譲二)がそれを許すはずがなかった。迫り来る追っ手の一群とのデッドヒートの末、なんと巨大なクジラに呑み込まれてしまう! なんとか生きていることを確認した3人。真っ暗なクジラの中でやたらポジティブな西は、自分が一度死んだことを告白する。「自分をとことん信じたら、信じ切ったら戻ってこれたんや。素直に、誠実に。信じたままに行動することこそが、すべての壁を打ち破る武器や」すると突然、そこにカタコトの日本語を話すじいさん(藤井隆)が現われた。「アタシ、アタシ、ラジオモテマース!」意外にも安息の地然としたクジラの中で、束の間の享楽に耽る4人。クジラからの脱出は限り無く不可能に近く、だからこそじいさんはこのクジラの中で30年以上も暮らしていたのだ。自分の不甲斐無さが身に染みる西。その一方で、クジラにも少しづつ異変が起こり始める……。

見たい映画に
登録した人
4

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
上映時間 103
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 湯浅政明
プロデューサー 田中栄子
原作 ロビン西
脚本 湯浅政明
音楽 山本精一
音楽プロデューサー 渡辺信一郎
編集 水田経子
その他 Fayray末吉裕一郎笹川恵介STUDIO4℃

キャスト

西 今田耕司
じいさん 藤井隆
りょう 山口智充
アツ 中條健一
みょん 前田沙耶香
ヤン たくませいこ
みょん、ヤンの父 坂田利夫
やくざのボス 島木譲二
やくざ 西凛太郎

関連ニュース

五十嵐大介の「海獣の子供」をSTUDIO4℃が長編アニメ映画化!
五十嵐大介の「海獣の子供」をSTUDIO4℃が長編アニメ映画化!(2018年7月16日 12:00)

“海を舞台とした生命の秘密”をテーマに、圧倒的な画力と繊細な描写で人間と自然世界の繋がりを描いた五十嵐大介の人気マンガ「海獣の子供」が長編アニメーションとして映…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > マインド・ゲーム