映画-Movie Walker > 作品を探す > 集団殺人クラブ GROWING

集団殺人クラブ GROWINGの画像

女子高生と不死身のモンスター“タケゾウ”の戦いを描く、スプラッター・ホラー・シリーズ第3弾。とある別荘を訪れた女子高生たちに3度、殺戮モンスターの魔の手が迫る!

5/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ミキ(小向美奈子)、アミ(柳沢なな)、ナナ(石川佳奈)の3人は、いわゆるイマドキの女子高生。援交、ブルセラ、プチ万引きなど、楽しいことならなんでもやって女子高生ライフをエンジョイしている。ある夜、ミキはおぞましい悪夢にうなされていた。場所は女子トイレ。ミキの足元には、そこで産み落とされたばかりの胎児が転がっていた! 恐怖のあまり目を覚ましたとき、それは正夢となる。死んだのは、ナナが密かに産み落とした赤ん坊だったのだ。罪悪感のかけらもない3人は、ひとまず胎児をかくすために、ミキの父親(松田悟志)が所有する別荘へおもむく。しかし、そこにはすでに謎の先客がいた。そう、殺戮モンスターのタケゾウ(遠藤憲一)が、3人を待ち構えていた。チェーンソーの音と共に飛び散る肉片! 真っ赤な鮮血に染まる制服のブレザー! 今夜、奥深い山中にある別荘は、惨劇の館となる。最後に生き残るのは女子高生3人組か、それとも中年ゾンビ、タケゾウか?

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 ケイエスエス
上映時間 74
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 谷洋平
製作 仁平静夫
プロデューサー 片山武志木村俊樹
脚本 龍一朗
撮影 小山田勝治
音楽 神尾憲一
美術 松塚隆史
その他 板井茂樹

キャスト

ミキ 小向美奈子
アミ 柳沢なな
ナナ 石川佳奈
ミキの父 松田悟志
タケゾウ 遠藤憲一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 集団殺人クラブ GROWING