映画-Movie Walker > 作品を探す > ほんとうにあった怖い話 怨霊 劇場版

ほんとうにあった怖い話 怨霊 劇場版の画像

実話をもとにしたオムニバス・ホラー。赤い服を着た女の霊がとりついた家を訪れた葬儀屋の体験「葬儀屋が見たもの」ほか、全5本。半田健人や西本はるから、若手俳優が出演。

5/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (2)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

『深夜警備員』投稿者・岸田悟(仮名) とあるビルの警備員の圭一。深夜の見回りの途中、トイレで怪現象に見舞われた彼は、そのまま姿を消した。『首坂』投稿者・堂島沙知恵(仮名) 駅から家までの間にある人気のない坂で、沙知恵は幾つもの生首を持った女性の霊に遭遇した。実は昔、そこには処刑場があったと言う。『葬儀屋が見たもの』投稿者・室田仁志(仮名) 葬儀社”グッドライフ“に勤める室田は、仕事で訪れた高橋家で10年前から居着いていると言う赤い服を着た女の霊を目撃する。その後、その家では死者が続出。室田も交通事故に遭い重傷を負うが、一命は取り留めた。『鼓膜移植』投稿者・立花秀樹(仮名) 幼い頃の事故で難聴になった理恵。鼓膜移植で聴覚を取り戻した彼女は、しかし聞こえる筈のないドナーらしき少年の声に悩まされるようになり、その恐怖に耐えかねて自ら鼓膜を破ってしまう。『エレベーター少女』投稿者・早乙女恵美(仮名) 東京への出張の度にウィークリー・マンションを利用しているOLの恵美は、深夜、エレベーターで3人の少女の霊に襲われる。どうやら、彼女たちは以前同じ場所に建っていたマンションで火災が起こった時、エレベーターの中で亡くなった少女たちの霊らしい。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2004年
製作国 日本
配給 パル企画
上映時間 85
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ほんとうにあった怖い話 怨霊 劇場版