花と蛇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

花と蛇

2004年3月13日公開,115分
R-18
  • 上映館を探す

団鬼六のSM小説を鬼才・石井隆監督が新たに映画化。貞淑な人妻が性の調教を受ける姿をハードに描く。ヒロインに扮した杉本彩の、フルヌードにとどまらない熱演も話題だ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夫と冷めた関係に陥っていたタンゴダンサーの静子は、性的な夢に悩まされていた。そんなある日、何者かに拉致された彼女は、セレブ専用のSM殺人ショーの会場へ連れ込まれ、あらゆる陵辱を受けて性の奴隷と化していく。

作品データ

映倫区分
R-18
製作年
2003年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
115分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.3
  • こさカメ

    5
    2007/1/25

    伊籐洋三郎がカッコイイのよ!!妖しいオークションの司会者衣装が素晴らしい!!
    ナニがガチョウのバレリーナだし、セー○ー戦士のコスプレだし!
    彩姉さんの言うとおり『なんなのよ・・』
    電動マッサージでやあぁんのミサキちゃんもナイス演技でした!
    うーん堪能・・・

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告