映画-Movie Walker > 作品を探す > 五線譜のラブレター DE-LOVELY

五線譜のラブレター DE-LOVELYの画像

「夜も昼も」などの名曲を手掛けた作曲家コール・ポーターの伝記映画。有名ミュージシャンも出演する華麗なステージを交え、ポーターと妻の固い絆をつづる。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 78
レビュー 1
投票 77
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (44)
星4つ 47% (21)
星3つ 25% (11)
星2つ 0% (0)
星1つ 4% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1964年、アメリカの偉大な作詞・作曲家として知られたコール・ポーター(ケビン・クライン)は、ニューヨークの広大なアパートで、孤独のうちに人生の幕切れを迎えようとしていた。そこへ、ゲイブ(ジョナサン・プライス)と名乗る謎めいた演出家が出現。ポーターを古びた劇場の観客席へと導き、ポーターの人生の軌跡をたどるショウの幕が上がる…。1920年代のパリ。この地で遊学の日々を送っていたコール・ポーターは、社交界の集まりで、<パリで最も美しい離婚女性>と謳われたリンダ・リー(アシュレイ・ジャッド)と運命の出会いを果たす。デートを重ね、ウィットに富む会話を楽しむふたり。交際を始めてまもなく、ポーターは、自分の同性愛をリンダに告白するが、彼の音楽の才能と優しさに惹かれていたリンダは、そのことを少しも気にとめなかった。「独立したカップルとして、ふたりで夢をかなえましょう」。リンダの言葉に心を動かされたポーターは、彼女との結婚を決意する。ホテル・リッツで豪華な結婚式をあげたあと、ポーターとリンダはヴェネチアに移り、新婚生活をスタートさせる。しかし、作曲活動のスランプをバレエ・ダンサーとの情事で埋め合わせるポーター。そんなとき、リンダは人気作曲家のアーヴィング・バーリン(キース・アレン)をアメリカから招く。ポーターの曲を聴き、その天才ぶりに驚いたバーリンは、早速ブロードウェイ・ミュージカルの仕事をポーターに紹介する。「自信がない」とためらうポーターを、「絶好のチャンスよ。人生が変わるわ」と励ますリンダ。その予言どおり、ニューヨークに移ってミュージカル『パリ』を大成功させたポーターは、一躍売れっ子音楽家の仲間入りを果たした。同時に、私生活にも変化が訪れた。演出家のモンティ・ウーリー(アラン・コーデュナー)とコンビを組み、『5千万人のフランス人』や『陽気な離婚』といったヒット作を連発させたポーターは、享楽的な生活にのめり込み、次第にリンダのことを顧みないようなっていった。そして7年後、『ジュビリー』の初日に、リンダの流産が発覚。これをきっかけに彼女への愛を再確認したポーターは、心機一転をはかろうとハリウッドへ移住する。そこでMGMミュージカル映画に多くの曲を提供するが、ただ甘いだけのラヴ・ソングを書き連ねる仕事は、ポーターにとって不満でしかない。再び享楽の世界に堕ちてゆくポーター。彼の乱交ぶりが恐喝騒ぎにまで発展するに及び、リンダはポーターの元を去り、パリに戻ってしまう。それから後、ポーターに人生最大の危機が訪れる。落馬事故に遭い、両足の自由を奪われてしまう……。

見たい映画に
登録した人
5

作品データ

原題 De-Lovely
製作年 2004年
製作国 アメリカ イギリス
配給 フォックス
上映時間 126
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

歌に思いを込めて

投稿者:moto

(投稿日:2007/03/07)

号泣しました。 愛する人への想いが込められた至極のラブソ…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 五線譜のラブレター DE-LOVELY