映画-Movie Walker > 作品を探す > デビルズ・バックボーン

デビルズ・バックボーンの画像

荒野にひっそりと建つ不気味な孤児院を舞台にしたホラー。水死した少年の怨霊を巡る恐怖劇が、ダークな映像美と意外性に富んだストーリー展開で描かれていく。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 14
レビュー 0
投票 14
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 75% (3)
星4つ 50% (2)
星3つ 75% (3)
星2つ 50% (2)
星1つ 100% (4)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1930年代末、スペイン。老教師カザレス(フェデリコ・ルッピ)のこの不気味な話と共に、とある孤児院で起こった壮絶な怨念の物語は幕を開ける。中庭になぜか巨大な爆弾が刺さったままになっている不気味な孤児院、サンタ・ルチア校。内戦で親を失った子供たちが暮らすこの人里はなれた学院に、ある日12歳の少年カルロス(フェルナンド・ティエルブ)がやってくる。そこに住むのは20人ばかりの栄養失調気味な孤児たちと、4人の大人たち。一本足の女院長カルメン(マリサ・パレデス)。謎めいた老教師カザレス。若い女教師コンチッタ(イレネ・ビセド)。そしてファシズムに傾倒する乱暴で気性の激しい管理人、ハチント(エドゥアルド・ノリエガ)。孤児たちのリーダー、ハイメ(イニーゴ・ガルセス)の陰険ないじめを受けながらも、カルロスは建物のどんよりと暗い廊下やじめじめとした地下室、そして子供たちが交わすひそひそ話の裏に何かが隠されているのではと、気になって仕方がない。カルメンがカルロスにあてがったベッドの番号は12番。それを見た孤児たちは、はっと息を呑む。「あれは、サンティのベッドだ…」。“カルロス、カルロス…”孤児院に住み始めたその日から、姿の見えない誰かに毎日名前を呼ばれ続けるカルロス。目に見えない存在と執拗ないじめにおびえる日々を送っていたある日、その亡霊は姿を現す。それは、爆弾が落ちた戦争中のあの日、悲惨な殺され方をした少年・サンティの霊だった。いったい誰がサンティを殺したのか? そして、今も中庭の真ん中に突き刺さったままになっている不発弾が飛行機から降ってきたあの晩、起きたという恐ろしい出来事とは…。住人が隠し持っているサンティの死の秘密。4人の大人たちの、ふしだらで邪悪な関係…。欲望と悪意が潜むこの孤児院の本当の姿が少しずつ明らかになっていく中で、カルロスは怨念の塊となっているサンティの亡霊に、殺人者への復讐の手助けを頼まれる。“あいつを連れてきて…”。残酷な殺人と、その裏に潜む真実。恐怖に立ち向かい、真犯人を追いつめるために結束する子供たち。おぞましくも悲しい復讐劇が今、幕を開ける。

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

原題 El Espinazo del Diablo
製作年 2001年
製作国 スペイン メキシコ
配給 ザナドゥー
上映時間 106
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > デビルズ・バックボーン