映画-Movie Walker > 作品を探す > 箪笥(たんす)

箪笥(たんす)の画像

「クワイエット・ファミリー」のキム・ジウン監督が韓国の古典的怪談をもとに描くホラー。怨霊にとりつかれた家に住む姉妹の悲劇を流麗な映像美でつづる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 101
レビュー 1
投票 100
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (29)
星4つ 93% (27)
星3つ 62% (18)
星2つ 34% (10)
星1つ 58% (17)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ソウル郊外に静かに佇む一軒家。到着した車から、スミ(イム・スジョン)とスヨン(ムン・グニョン)の美しい姉妹が降り立った。長期入院を終えて帰ってきたふたりを、継母のウンジュ(ヨム・ジョンア)は笑顔で迎えるが、どこか冷ややかな表情をしていた。姉のスミはそんな継母のことを明らかに毛嫌いし、妹のスヨンは少し怯えていた。その夜、スヨンは部屋に何者かの気配を感じて怖くなり、スミのベッドにもぐりこんでくる。「私が守ってあげるからね」と、スヨンを抱きしめるスミ。しかし、やがてそのスミが悪夢にうなされるようになる。それは、亡くなった実母が血を流す幽霊となりよみがえってくる夢だった。その悪夢以来、家のあちらこちらで怪奇現象が連続して起こり始める。もともと神経質だったウンジュは情緒不安定になり、姉妹と絶えず言い争い、スヨンを守ろうと必死のスミは、継母への敵対心と憎悪を募らせる。父親のムヒョン(キム・ガプス)は、妻と娘たちの不和を知りながらも、なぜか傍観するのだった。ある日、家族の均衡関係に徹底的な亀裂が生じる。スヨンを箪笥に閉じ込め折檻していた事実を知ったスミが、ウンジュへの敵意をあらわにし、父に訴える。しかし、意外なことにムヒョンはスミに対して「いい加減に現実を見ろ!」といさめるのだった。それをきっかけに、一家の間でタブーとされていた「過去」の封印がほころび始める。それは、悲しくもおぞましい悲劇だった……。

見たい映画に
登録した人
7

作品データ

原題 장화, 홍련
製作年 2003年
製作国 韓国
配給 コムストック
上映時間 115
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

関連ニュース

韓国中を震撼させた『コンジアム』監督が語る、ホラー映画に必要な“変化”とは?
韓国中を震撼させた『コンジアム』監督が語る、ホラー映画に必要な“変化”とは?(2019年3月24日 21:00)

昨年3月に韓国国内で公開されるや、スティーヴン・スピルバーグ監督の『レディ・プレイヤー1』(18)を抑えて週末動員ランキングで見事1位を獲得。最終的に韓国ホラー…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 箪笥(たんす)