映画-Movie Walker > 作品を探す > エージェント・コーディ

エージェント・コーディの画像

全米大ヒットとなり、この春には続編も公開された高校生スパイの活躍を描くアクション。クールで頭脳明晰だが、女の子はちょっと苦手な主人公が秘密兵器を駆使して、悪に立ち向かう。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 12
レビュー 1
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (5)
星4つ 60% (3)
星3つ 40% (2)
星2つ 40% (2)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

15歳のコーディ・バンクス(フランキー・ムニッズ)は、ごく普通の男の子。家族は、寡黙なパパ、口うるさいママ、ちょっと生意気な弟アレックスと愛犬マーティンのごく普通の一家。だがコーディには、家族も知らないある秘密があった。なんと彼は、CIAのティーンエージェントなのだ。13歳の時にサマーキャンプを装ったCIA主催の訓練プログラムに参加し、みごとにパスしてCIAのティーンエージェントとなったのだ。空手、車の運転、科学の知識、スパイとして必要なものはすべて持っているコーディだが、唯一女の子だけは苦手。CIAは1000万ドルかけてコーディをトレーニングしたが、女の子の口説き方だけは教えてくれなかったのだ。そんな彼の元に、超セクシーな女性エージェント、ロニカ・マイルズが現れる。彼女がコーディに伝えた大事な任務とは、“女の子のハートを奪うこと”。同じ頃、香港では悪の組織エリスが世界破壊計画を練っていた。その計画とは、ナノボットという超小型破壊ロボットを入れた氷爆弾を世界中にばらまき、世界を破壊させることだ。エリスに協力しているコナーズ博士)の研究内容を探るため、博士の娘ナタリー・コナーズ(ヒラリー・ダフ)に近づき、週末に開催される彼女の誕生パーティに招待されなければならない。CIAの手配でナタリーと同じ高校に入学するが、女の子に奥手な性格が災いし、コーディはなかなかナタリーに近づけずにいた。しかし、ある日、はしごから落ちそうになる彼女を助けたことから2人の距離は一気に縮み、ついに誕生パーティに招待される。パーティ当日、スパイグッズを駆使し、誰にも気づかれずに屋敷内を探索するコーディ。そして遂にエリスの世界破壊計画の全貌を突き止めたのだった。無事任務を完了したコーディは、数日後、ナタリーと初めてのデートをすることに。しかし、デートの最中にエリスの手の者が現れ、ナタリーがさらわれてしまい……。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

原題 Agent Cody Banks
製作年 2003年
製作国 アメリカ カナダ
配給 ムービーアイ・エンタテインメント
上映時間 102
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > エージェント・コーディ