映画-Movie Walker > 作品を探す > 殺し屋ハリー 華麗なる挑戦

対立する2つの組織がそれぞれ雇った殺し屋たちの闘いを描くアクション映画。製作はジョー・ワイザン、監督は「フィクサー」のジョン・フランケンハイマー、脚本は「フレンチ・コネクション2」のロバート・ディロン、撮影はラルフ・ウールジー、音楽はヘンリー・マンシーニが各々担当。出演はリチャード・ハリスエドモンド・オブライエンブラッドフォード・ディルマン、チャック・コナーズ、アン・ターケルコンスタンス・フォードなど。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 100% (2)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

アンクル・フランク(エドモンド・オブライエン)とビッグ・エディ(ブラッドフォード・ディルマン)は、二大組織の親分で、互いに張りあっているのだが、とうとう双方とも殺し屋を雇った。フランクはハリー・クラウン(リチャード・ハリス)、エディは「爪」と呼ばれる加虐性のマービン・ザッカーマンである。流血が飛び交うギャング戦の中で、ハリーは小学校の女教師バフィ(アン・ターケル)に惚れ、彼の弟分のトニー(デイヴィッド・ホール)は売春婦のベビーといい仲になった。ある日ベビーが「爪」に誘拐された。ハリーとトニーは、彼女がバフィの学校に監禁されていることをつきとめ、早速学校に向かった。ベビーは「爪」に乱暴されてはいたものの救出に成功した。大詰めのギャング戦は、エディの本部のあるビルで行なわれた。ハリーは誘拐されたバフィを救出すべく、エディ一味に乗り込もうとしたが、彼の身を案じたフランクは、助っ人として「ミュージシャン」をつけてやった。彼等が持っている楽器のケースの中身はマシンガンなのだ。激しい銃撃戦が展開され、ハリーは「爪」を殺したものの、エディはバフィを人質にとって逃走した。彼女は麻薬を注射され昏睡状態に陥っていた。ハリーは2人の後を追ったが、ひと足さきにフランクがエディを射ち殺した。それから間もなく、ハリーはバフィを連れてヨーロッパを発ち、トニーとベビーが2人を見送っていく姿があった。

見たい映画に
登録した人
1

作品データ

原題 99 44/100% Dead!
製作年 1974年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 殺し屋ハリー 華麗なる挑戦