映画-Movie Walker > 作品を探す > 秋聲旅日記

秋聲旅日記の画像

「月の砂漠」の青山真治監督が、金沢出身の文豪・徳田秋聲の小説を映像化したノスタルジックな旅物語。故郷の金沢へ帰省した秋聲と、そこに生きる人々の姿を淡々とつづる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 0% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 100% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

金沢にほど近い空港に、徳田秋聲(嶋田久作)が降り立つ。小さなトランクと傘を持ち、時代遅れの帽子をかぶった彼は、現代的な空港の風景の中で、自分の居場所を決めかねているかのような風情。そのまま風に流されるかのように、金沢の町へと分け入ってゆく。甥の辰之助の案内で、鮎を食べさせてくれるという料亭へ向かった秋聲。しかし、はじめは鮎があると言っていた女中の言葉は、二転三転、結局鮎はないということになってしまう。結局、他の料亭で食事を済ませた2人は、旧知の女性、お絹(とよた真帆)とおひろ(西條三恵)がきりもりする宿へと向かう。ひがし茶屋街の一角にあるこの宿からは、かつての艶やかなお茶屋文化の残り香が感じられる。とはいえ、時代から取り残されてしまったこの宿に、泊まろうという客はほとんどなく、宿はいつでも閑散としている。お絹とおひろの2人にも、母親が残したこの宿を再び活気づかせようと言う意欲は感じられない。それでも彼女たちは、実にまめまめしく働き、数少ない客を手厚くもてなしてくれる。時代の流れをひっそりと避け、ただそこにあるだけの生を涼やかに生きるお絹。そんな彼女の落ち着いた風情に、秋聲の心は次第に惹き付けられてゆく。しかし、秋聲がお絹へと向ける想いは、茶屋街の密やかな空気を漂うばかりだった。何かから逃れるかのように、宿の離れに部屋を取った秋聲。宴会の客も少なく、宿はひっそりと静まりかえったままだ。ときおり、越後囃子のしらべとともに嬌声が響くが、鋭い響きは古都の空気にくるまれて、やがて幻のように耳をかすめてゆく。ある日、病床の兄・順太郎(宮上一樹)を見舞った秋聲は、すっかり弱くなってしまった兄の姿に、鉱山に縛られて過ごした彼の人生を思う。何をするともなく、金沢での日々は過ぎてゆく。なにげない日々の営みを、お絹のそばで過ごすうち、秋聲は理解する。お絹が人生の岐路に立たされていること、彼女が選ぼうとしている道は、もっとも寂しい道であることを…。秋聲は、はやりのジャズクラブ《もっさり屋》にお絹を誘う。ボーカリストの歌う「You've Changed」が、甘く、力強く、響いている。「もし事情が許せば、静かなこの街で穏逸な余生を楽しむ場合、陽気でも陰気でもなく、粋でも野暮でもなく、なおまた、若くも老けてもいない、そして馬鹿でも高慢でもない代わりに、そう悧巧でも愚図でもないような彼女と同棲しうる時の、寂しい幸福を想像しないではいられなかった」。20日あまりを金沢で過ごしたのち、秋聲は再びそこをあとにする。お絹という謎の存在と、その存在へ向けた密やかな想いは、やがて作家の心に場所を得て、しんと落ち着いてゆく。往時を思わせる町並みと、近代的なビルの光。いくつもの時代が重なり合って息づく金沢の町で、秋聲の思いもまた、時の流れをたゆとうてゆく

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
配給 ユーロスペース
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 青山真治
プロデューサー 堀越謙三植村まゆみ土肥悦子
原作 徳田秋聲
脚本 青山真治
撮影 たむらまさき
音楽 長嶌寛幸
キャスティング 杉田剛

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 秋聲旅日記