映画-Movie Walker > 作品を探す > 殺しのエージェント

ジョン・ガードナーの同名小説をピーター・イェルダムが脚色、ジャック・カーディフが監督したスパイ・アクション。撮影はテッド・スケイフ、音楽はラロ・シフリンが担当した。出演は「マーメイド作戦」のロッド・テイラー、「悪のシンフォニー」のトレヴァー・ハワードのほか、ジル・セント・ジョンデイヴィッド・トムリンソンなど。製作はジョン・ベニングトン

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ロンドンの町はずれで安カフェをやっている気の弱い男ボイシー(ロッド・テイラー)は、パリの裏町でたまたま、2人の密偵に襲われたイギリス情報部のモスティン大佐(トレヴァー・ハワード)を助けたばっかりに、殺し屋にはもってこいの冷血漢と思い込まれてしまった。そしてある日否応なしに連行され、殺し屋養成の猛訓練を課せられた。殺し屋とはいえ虫も殺せぬ弱虫のボイシーは殺人指令が下ると、せっぱ詰ってプロの殺し屋を雇うのだった。この稀代の殺し屋は高給で豪華なアパート生活に暖まっていた。その上モスティンの秘書アイリス(ジル・S・ジョン)にひと目惚れし、南仏のニースで週末を過ごすことになった。だがニースで敵側のスパイ網にひっかかり、激しい攻防戦を展開した。辛うじてホテルに戻るとモスティンからの帰還命令。ところがクォドラント(デイヴィッド・トムリンソン)と称する男から「英空軍基地に赴き、エジンバラ公を暗殺せよ」の指令を受けた。この男こそ敵の大物スパイでこれを察知したモスティンが危機一髪暗殺を食い止めた。すると敵側は極秘のミサイル防衛装置の持ち出しを図った。さてボイシーはそこで一世一代の活躍をし、見事敵側スパイのリーダーを捕まえた。ボイシーは情報部勤務にこりごりしたが、あいにく彼の有能を信じるモスティンは彼を手離すつもりはなかった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Liqidator
製作年 1966年
製作国 アメリカ
配給 MGM
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ターミネーター:ニュー・フェイト
ターミネーター:ニュー・フェイト

ジェームズ・キャメロンが製作を手掛け、『ターミネーター2』のその後の世界を描く

ブラック校則
ブラック校則

佐藤勝利×高橋海人共演で理不尽な校則と戦う高校生の恋と友情を描いた青春ストーリー

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
IT/イット

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』から27年後を舞台に描いた完結編

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 殺しのエージェント