映画-Movie Walker > 作品を探す > 拳銃45

ソール・アーキンス(監督者出身)が製作し、「拳銃の町」のエドウィン・L・マインが監督に当たったテクニカラー西部劇1950年作品。脚本はトマス・ブラックバーンのオリジナル。撮影は「二人でお茶を」のウィルフリッド・M・クライン、作曲はウィリアム・ラヴァの担当。主演は「オクラホマ無宿」のランドルフ・スコットと「ダラス」のルーズ・ローマンで、「脱獄者の秘密」のザカリー・スコットロイド・ブリッジス「インディアン渓谷」、アイアン・マクドナルド、チーフ・サンダークラウドらが助演する。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

西部の開拓時代、新式のコルト6連発拳銃のセールスマン、スチーヴ・ファレル(ランドルフ・スコット)は、無頼漢ジェイソン・ブレット(ザカリー・スコット)に見本のコルトを奪われた。ブレットはそのコルトを武器に「45ギャング団」を組織して方々を荒らしはじめた。ファレルはブレット一味と関係ありとの嫌疑を受けたが釈放され、大金を積んだ駅馬車で町に向かった。その駅馬車にボウル(ロイド・ブリッジス)とベス(ルース・ローマン)の夫婦が乗っていたがボウルはブレットの一味で、ブレットと共謀して大金を奪おうとしていた。果してブレットが襲って来たが、ファレルはこれを撃退し、ブレットに狙われていたインディアンの酋長をも救った。町に着いたファレルは、ブレットからコルトを取り戻し、一味の悪事を押えるために、副保安官になり、まず一味の2人を捕らえて裁判に駆けた。だがその裁判は、ブレットの策動によりファレルは危険に陥り、インディアンの集落に逃れた。ベスもギャングの手先でいることに厭気がさし、ブレットの命令に背いてインディアンの集落に逃れ、ファレルにブレットを殺してくれと頼んだが、彼は人々のおそれるブレットのコルトを取り戻すことが目的だった。ファレルとブレットは遂に対決し、ブレットは倒され、ギャングも一掃された。平和の訪れた町でファレルとベスも結ばれた。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Colt.45
製作年 1950年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース日本支社
上映時間 74
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 拳銃45