映画-Movie Walker > 作品を探す > 小間使(1946)

「桃色の店」の故エルンスト・ルビッチが製作監督した1946年度作品で、「奥様武勇伝」のマージェリー・シャープの小説より「ローラ殺人事件」のサミュエル・ホッフェンシュタインがエリザベス・ラインハートと共同脚色し、「星は輝く」のジョセフ・ラシェルが撮影、「センチメンタル・ジャーニー」のシリル・モックリジが音楽を担当した。主演は、「裏街(1941)」のシャルル・ボワイエと、「ボヴァリー夫人」のジェニファ・ジョーンズ、「イースター・パレード」のピーター・ローフォードで「出獄」のヘレン・ウォーカーレジナルド・ガーディナー、「若草物語(1949)」のC・オーブリー・スミス、「風変りな恋」のリチャード・ヘイドンマーガレット・バナーマンサラ・オールグッドアーネスト・コサートフローレンス・ベイツユーナ・オコナービリー・ビーヴァン等が助演している。

5/5
総評価数 3
レビュー 2
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (3)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (0)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1939年の春のある日曜日のロンドンの話である。ヒラリー・エームズは30人の客を呼ぶカクテル・パーティーを間近に控えて、排水管の故障のため台所で大騒ぎをしていた。そこに訪ねてきたのは彼の親友チェッコの一流作家ベリンスキーで、再会を喜び合っているところに、お待ち兼ねの鉛管屋が来るが、これが美しい女性なので2人はおどろくが、このクルニー・ブラウン嬢はアーン伯父さんに代わって修繕に来たという。そして見事な手際で2人をおどろかせた。その晩のパーティーでベリンスキーはベティ・クリームとその取りまきのアンドルー・カーメルと知り合い、カーメル家に厄介になることになった。クルニーはニーン伯父の膽入りでカーメル家の女中になっていたので、ベリンスキーは彼女に再会しておどろくが、クルニーの方がもっとおどろき、夕食の皿を取り落すという騒ぎであった。ベリンスキーは、風変りなこの娘に多大の興味をもち、イギリス風の旧家カーメル家は、ベリンスキーとクルニーという2人の型破りの人物の存在で、奇妙な空気か生まれる。クルニーは薬屋のウィルスンと知り合って求婚され、その母ウィルスン夫人の誕生日に招待されたりなどで多忙であった。一方、アンドリュースとベリンスキーの間にはベティをめぐって険悪な空気が生じ、アンドリュースは決闘を申し込むというところまでいってしまう。しかし、ベリンスキーの本当の心はクルニーにあった。鉛管職であるためウィルスンに嫌われたクルニーと共に、ベリンスキーはカーメル家を去ってアメリカに渡り、探偵小説作家として売り出した。

見たい映画に
登録した人
2

作品データ

原題 Cluny Brown
製作年 1946年
製作国 アメリカ
配給 セントラル
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

ジェニファー・ジョーンズが綺麗なルビッチ監督作品

投稿者:たっかん

(投稿日:2017/5/28)

2017年4月29日、シネマヴェーラ渋谷にて鑑賞。 ジ…

[続きを読む]

支持者:0人

ルビッチのコメディ。

投稿者:キネマ白道

(投稿日:2013/5/29)

「クルーニー・ブラウン」1946、これが事実上のルビッチの遺…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

ジョン・ウィック:パラベラム
ジョン・ウィック:パラベラム

最強の殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたキアヌ・リーブス主演のアクションシリーズ第3弾

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 小間使(1946)